BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒羽と鵙目1黒羽と鵙目 1
花郎藤子 / 石原理
白泉社
花丸文庫BLACK 2008-6-25


『隆之、恋をしようぜ、おれと。』
鵙目隆之は、天狗会の若い組員と一緒にいるところを奇襲に遭い、マンションの一室に連れ込まれる。てっきり対立する関西系の組が仕掛けたのだと思ったのだが、誘拐・拉致を仕組んだのは鵙目の古くからのなじみである黒羽組の組長・黒羽斉彬だった。
狭いマンションで鵙目に繰り返される屈辱的な行為は、十六年前、黒羽と過ごした天山少年院の日々を思い出させた。
あの頃胸にくすぶっていた黒羽に対する気持ち・・・。
あらがいながらもその魅力に惹かれていく鵙目・・・。
[黒羽と鵙目 1/花郎藤子]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。