BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4592875877桜霞の神隠し
凛 紫水/佐々木久美子
白泉社
花丸文庫 2009-05-20

by G-Tools

「おにーっ、どこだぁ、出てこいッ」
春絶頂の桜海国。鬼が棲むという噂のある仙石谷に、一人の少年が訪れた。彼の名は桜蘭。領主の嫡子として、民のため、単独鬼退治にやってきたのだ。
しかしついに出遭ったその鬼は、ド派手な着物に腰までの長髪、花のごとき艶冶な美貌と、すべてが規格外の青年で、勢いを削がれた桜蘭は敢えなく返り討ち!
無様に気絶したところを塒に連れ帰られ、なぜか契りを交わし、同棲する羽目になり……!?
[桜霞の神隠し/凛紫水]の続きを読む
スポンサーサイト
この愛を喰らえ
李丘 那岐著 / 九號イラスト
幻冬舎コミックス
ルチル文庫(2007.5)


渡木坂鋭はヤクザの家に生まれたが、父である組長の死とともに組を解散。小料理屋の主となって二年経つ。
鋭の店には元組員や隣接する緋賀組若頭・緋賀颯洵がやってきて賑やかだ。颯洵とは子供の頃からの知り合いだったが、偶然再会して以来、常連となったのだ。
ある日、颯洵から押し倒され面食らう鋭。次第に颯洵の存在を意識し始めるが…!?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。