BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4344814622未冷の熱
柊平ハルモ/稲荷屋房之介
幻冬舎コミックス
リンクスロマンス 2008-10

by G-Tools

男に襲われた暁生は、十数年ぶりに再会した清馬に救われる。かつて暁生がアルバイトをしていた施設にいた清馬。しかし年下の彼に惹かれた暁生は、その苦悩から逃れようと、清馬の脱走を見逃していた。以来、恋する感情を閉ざしていたが、清馬に名を呼ばれた瞬間、封じていた想いが溢れてしまう。
貪るように求め合うが、暁生は清馬が語らない過去、そして今の彼のことを知りたいと願っていた。
そんな折、偶然にも清馬がヤクザになっていたと知り――。
[未冷の熱/柊平ハルモ]の続きを読む
スポンサーサイト
4775510827心理療法家の愛罪 遠い恋花火、めばえる渇恋
柊平ハルモ著 / 朝南かつみイラスト
オークラ出版
プリズム文庫2007-11-23

by G-Tools

怜悧な美貌の持ち主であるカウンセラーの白石朔夜は、極道の組長、緒方大斗を担当している。
理性的で職務熱心な朔夜だが、倣岸不遜な大斗に対しては、本来ならば抱くことを許されない個人的な感情を消せないでいた。
そんな朔夜に大斗は異常な執着を示し、罪深い『秘密』を隠したストイックな白衣を乱そうとするが・・・。
身体はつながっても、心はつながれない。
拒絶と渇望の中ですれ違う、罪深い欲望に溢れる夜の行方は!?
凍花
柊平 ハルモ著 / 織田涼歌イラスト
幻冬舎コミックス
リンクスロマンス(2007.3)


昭和初期──事故死した両親の通夜で幼なじみだった寿弘 と八年ぶりに再会した瑞希。自分を捨て、村を出ていった 寿弘を瑞希はずっと憎んでいたが、後見人を名乗る寿弘は、 強引に瑞希の家に住み込んでしまう。
両親の死に不審を抱 いた瑞希は、誰一人として信じることが出来ず、寿弘のこ とも疑っていた。
しかし、眠っている間に誰かから催淫剤 を打たれた瑞希は、狂おしいほど熱くなる身体を抑えきれ ず、寿弘に助けを求めてしまい──!?
吐息まで罪の色
柊平 ハルモ著
プランタン出版 (2005.12)
通常24時間以内に発送します。
イラスト/笹生コーイチ(プラチナ文庫)


男娼の海は突然経済ヤクザの章博の愛人になるよう命じられる。海が彼が探し続けている行方不明の恋人・陽海にそっくりなのだという。
つらい行為しか知らなかった海に与えられる、甘い愛撫。一途に恋人を求める章博の熱に揺さぶられながら海は思う。身代わりでもいい。この温もりに包まれるのなら。いっそ、自分が陽海だったら良かったのに、と…。
全てを失っても、この想いだけ残ればいい―狂おしいまでに求めるただひとつの愛。
センチメントな誘惑
柊平 ハルモ著
幻冬舎コミックス (2005.10)
通常24時間以内に発送します。
イラスト/笹生コーイチ(リンクスロマンス)

「俺のものにしたい」
自分を強引に抱き、熱情の証を身体に刻み込んだ男―。
ボディガードの涼本優志は、二度と会いたくないと思っていた年下の幼馴染・榊原光輝と九年ぶりに再会する。洗練された大人の男として優志の前に現われた光輝。しかし大企業の役員である彼が、後継者争いから優志の依頼人の命を狙っていると聞かされる。
感傷を切り捨てガードに徹しようとする優志だったが、光輝は親しく話しかけてきて…。
ひそやかに熱っぽく
柊平 ハルモ
幻冬舎コミックス (2005.4)
通常24時間以内に発送します。
イラスト:小路龍流(リンクスロマンス)

緊張に震えながらも、一途に自分を求めてくれた青年―。
人材派遣会社を経営する相野(そうの)は、一晩を共にし、
一年後に再び会うことを約束して別れた青年・幸(みゆき)の
ことが忘れられずにいた。
そんな中、相野は幸と偶然に再会するが、彼のよそよそしい
態度に疑問を抱く。相野を避け何かに脅えているような眼差しを
見せる幸。
彼がライバル企業の秘書で、社長の愛人であると知った相野は…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。