BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
専制君主のロマンス
鷺沼やすな著
幻冬舎コミックス (2005.8)
通常24時間以内に発送します。
イラスト/佐々木久美子(リンクスロマンス)

イベント会社勤務の有能なサラリーマン・雛崎充の弱点は『血に弱い』こと。
強引でマイペースな先輩・風森尚吾は雛崎の弱みを知る唯一の人間だった。プライベートも仕事もトラブル続きで参っていた雛崎は、ある日酔った勢いで怪我をした風森の傷口に唇で触れてしまう。極端に苦手なものに触れれば、落ち込みの突破口が開けるような気がしたのだ。しかし、風森から「誘った」と言われベッドに引き摺り込まれてしまい…。
[専制君主のロマンス/鷺沼やすな]の続きを読む
スポンサーサイト
夢の卵
夢の卵
posted with 簡単リンクくん at 2005. 7.12
鷺沼 やすな
オークラ出版 (2005.7)
通常24時間以内に発送します。
イラスト:今市子(アクア文庫)

モデルのような容姿のベストセラー作家、太夏志(たかし)が強引に
自分のものにした詩草(しぐさ)。優しく綺麗なうえに秘書としても
有能な詩草は、申し分のない恋人だ。
ただ、常にクールでつかみどころのない性格は、同居を始めてからも
変わることはなかった。
ところが伯父の葬儀のため出かけた詩草が、戻ってきたときには
13年分の記憶をなくしていた。
いつもと違い、無防備に寄りかかってくる少年のような詩草に、
太夏志は戸惑いながらも新しい愛情を感じはじめて―!?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。