BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4773003790略奪愛人
橘かおる著 / 実相寺紫子イラスト
笠倉出版社
クロスノベルズ2007-09

by G-Tools

「愛人ならば、その身体で俺を篭絡しろ」
美貌の秘書・響也は、敬愛していた上司を陥れ解任させた首謀者・慎二にある契約を持ちかける。すべては上司を救う為。土下座をも辞さないと構えていた響也に、男は冷酷に促した――服を脱いで奉仕しろ、と。
屈辱に震えながら跪いた響也は、慎二によって男としての矜持を踏み躙られ、淫らに喘ぐ身体につくり変えられてしまう。
心までは許さないと拒絶する響也だが抱かれる度に心は揺れ……。
[略奪愛人/橘かおる]の続きを読む
スポンサーサイト
4576071181意地っ張りな唇
橘 かおる著 / 御園えりいイラスト
二見書房
シャレード文庫2007-07

by G-Tools

設計事務所で働く沙倉耀司に依頼された洋館のリフォーム。その依頼主はかつての親友で、今や人気小説家となった設楽愁一だった。
少年の頃から美しく気高い愁一に憧れ、念願叶い彼の一番近い存在となった沙倉。しかし肉欲を伴った己の恋情が汚らしいものに思え、大学時代に彼のもとを去り…それから十年。ますます美しさに磨きのかかった愁一に、一度は諦めた想いが再び疼き始める。
「おまえが俺を捨てるからなにもかもうまくいかなくなったんだ」
離れていった過去の仕打ちをなじられ、後悔と期待を持て余した沙倉は、欲望を抑えきれずついに彼の唇を奪うのだが――。
舞踏会の夜に華は綻ぶ
橘 かおる著 / 小山田あみイラスト
海王社
ガッシュ文庫(2007.7)


子爵家の正嫡ながら、義母に虐げられてきた真。
ある時、不審者に狙われる謎の男・臣を匿う。
臣と触れ合い初めて恋を知った真に、突然の知らせが届く。 真と義弟のどちらがより子爵の正嫡に相応しいか検分する舞踏会が開かれると決まったのだ。
すると臣は華族としての教育を受ける手筈を整え、真を迎えに来てくれた。 臣の正体に謎を深めながらも、真は恋心を抑えられず、臣に想いを打ち明ける。
だが、子供の戯言と相手にしない臣に、真は無垢な身体を差し出し、最奥で臣が熱く滾るほどに恋心は溢れ…。
紳士で野獣
橘 かおる著 / 櫻井しゅしゅしゅイラスト
海王社
ガッシュ文庫(2007.2)


君の淫乱な姿をネット上に流されたくなくば、素直に感じろ――優秀な入国審査官として空港で働く聖也のライバルは、英国貴族の教育を受けた紳士ながら冷淡な態度の将和。
しかしある夜、将和が実は内通者を探る潜入捜査官であることを知った聖也は口封じのため将和に媚薬を使われ犯されてしまう――。
感じてたまるかと屈辱に抗いつつも、将和の傲慢な言葉攻めと灼熱の楔に、聖也は甘く淫らに喘いだ。
だが全てが終わると、打って変わって優しく身体を気づかう将和に聖也は戸惑い…。
その唇に誓いの言葉を
橘 かおる著
雄飛 (2006.2)
通常2-3日以内に発送します。
イラスト/実相寺紫子(アイノベルズ)

愛人の子として育った瑞紀は普段は気弱で冴えない男を演じ、酷薄な父と兄への復讐の機会を狙っていた。一方、夜の街では人目を惹く華やかな美貌で男を誘い、刹那的な情事を楽しむ。
ある夜、バーで見つけた好みの男を挑発し、ホテルで一時を過ごす。
二度と会うつもりのない瑞紀だが、欲しいものは必ず手に入れると傲慢に言い放つその男・柳澤と、瑞紀は思わぬ場所で再会する―!
灼熱のまなざしに射抜かれて
橘 かおる著
プランタン出版 (2005.10)
通常24時間以内に発送します。
イラスト/亜樹良のりかず(プラチナ文庫)

寝室に侵入した男・鷹塔に、貪るようにくちづけられ、一目惚れだと告げられた美貌の猊下ユサファ。初めて聖なる血統ではなく自分自身を求められる幸せを感じ、身体の奥までも許して乱れた。
しかし宮廷警備の任についた鷹塔は急によそよそしくなってしまう。あの熱情は偽りだったのかと悲しみ激昂するユサファだったが、危機に陥った時真っ先に駆けつけた鷹塔の瞳にあふれる想いを見て…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。