fc2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

蜜会 ―香りの誘惑―水瀬結月/水名瀬雅良
(アクアノベルス)

1歳年下の幼馴染の瀧丘(たきおか)は、白檀の香りを嗅ぐと
気を失って酩酊状態に陥る。そしてその間の記憶を全て失くしてしまうのだ。
高校生のときにそのことを知った透流(とおる)は、激しい嫉妬に駆られるたび、白檀を使って瀧丘を手に入れてきた。
酩酊状態の瀧丘は透流を激しく求め、透流は一時の安心と
抗いようの無い快楽を得る。それは互いが社会人になった今も続いていて―。
(2005.4)
[蜜会~香りの誘惑~/水瀬結月]の続きを読む
スポンサーサイト