BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イラスト/亀井高秀

伯父に引き取られた田辺広明は、3つ年下の瀧頭翔一郎を義弟として可愛がっていた。
しかし翔一郎は、広明を独占しようとし、無理矢理身体の関係を結ぶ。いけないと思いながらも拒むことができずに関係は続き、伯母にばれたことをきっかけに、広明はニューヨークに逃げてきた。
それから3年―広明のもとに翔一郎が現れる。動揺する広明は―。
[くちびるに愛の歌/李丘那岐]の続きを読む
スポンサーサイト
イラスト/北畠あけ乃

三年前に警察を辞め、現在は「陣内探偵事務所」を経営するしがない探偵、陣内拓朗。彼にはもっとも苦手とする男がいる。
それは新宿歌舞伎町一帯をシマに暗躍する、美形だが凶暴なヤクザ、天海泰雅だ。見てくれの繊細さとは裏腹に、東日本最大の暴力団組織・紅龍会の直系二次団体周藤組の幹部であり、『周藤の虎』と呼ばれ恐れられている。
天海の依頼してくる仕事にはろくなものがない。陣内にとっては疫病神のような存在だ。
そんな天海が今日も厄介な依頼を持ち込んできて!?
イラスト/秋森びびか

奥多摩でのデート以降も、庭中と上芝のシナリオデートは続いていた。無表情の庭中が自分をどう思っているか、上芝にはわからない。
一方、上芝に恋していることに気づいてしまった庭中は、芝居を続けることが辛くなっていた。しかし連載が終われば会えなくなる。
自分のラブストーリーをどう進めてよいかわからない庭中は、最後のシナリオを書くが…。
イラスト/秋森びびか

上芝は海外出張から帰ってきて早々、人気恋愛小説家・庭中まひろの担当を任される。しかし庭中は、連載小説を書くために、小説の主人公である女性に自分がなるから、上芝も相手の男になって芝居をしろ、などと言い出す。庭中のイメージを膨らませるために、庭中のシナリオ通りにデートをするのだ。
一分刻みで予定を組む庭中に、最初は上芝もうんざりしていたが…。
イラスト/紺野キタ

18歳の笹尾実影が学校にも行かず、ひきこもりになったのは中学のころのいじめが原因だった。
ある日、実影が心の拠り所にしているアーティストが好きということで、姉に同僚の藍川修一を紹介される。
藍川は端正な顔立ちに似合わず穏やかな男だった。藍川といるのが楽しい…そう思い始めた実影は、やがて藍川に恋をしているのだと気づき―。
太陽と月の背徳 上
高岡 ミズミ〔著〕
講談社X文庫ホワイトハート(2006.5)

イラスト/水名瀬雅良

天帝の葬儀に出席するため、天帝の隠し子である莉央を連れてラドルクに向かった美貌の神官・月花は、途中でガルドの若き将軍・悠仁と再会する。
かつては親密な時を過ごしたことがあった二人だが、今では遠い存在である。
だが、裏切りと策略が渦巻くなか、月花と悠仁の関係は大きく変化して―!?
檻の外
木原 音瀬著
ホリーノベルス(2006.5)

イラスト/草間さかえ

別れから六年経ったある日、堂野崇文は、自宅近くの公園で喜田川圭に再会した。
喜田川は「ずっと捜していた。一緒に暮らしたい」と告白する。六年前とまったく変わらぬ一途な想いに堂野の心は乱れ、住所を教えてしまう。
が、すでに堂野には妻も子供もいて…。
箱の中
木原 音瀬著
蒼竜社/ホリーノベルズ (2006.3)

イラスト/草間さかえ

堂野崇文は痴漢と間違われて逮捕されるが、冤罪を訴え最高裁まで争ったため、実刑判決を受けてしまう。
入れられた雑居房は、喜田川圭や芝、柿崎、三橋といった殺人や詐欺を犯した癖のある男たちと一緒で、堂野にはとうてい馴染めなかった。
そんな中、「自分も冤罪だ」という三橋に堂野は心を開くようになるが…。
イラスト/今井車子

デザイン会社に勤めている鈴木は、仕事の関係で小学校の同級生・成島と偶然再会する。
料理研究家として売れっ子になっていた成島だが、親もおらず一人寂しく暮らしていた。それでもつらそうな顔も見せず、健気に生活している成島に、鈴木は徐々に惹かれていく。
二人きりの時間を過ごしていたある日、成島の元に担当編集者の丸山が訪ねてくる。成島に異常な執着を見せる丸山に鈴木は不安を覚えるが…。
イラスト/金ひかる

喧嘩したホストの金崎新二を介抱してくれた津久井康文は、穏やかな男だった。
ゲイだと聞き、なぜか強引に新二は津久井と寝た。「金のためだ」と金を貰いながらも、すっきりはしない。
時々痛いものを見るような眼差しで津久井は新二を見つめる。津久井への胸の苦しくなるこの感情は一体何なのか…?
苛立つ新二は!?
微熱の引力
可南 さらさ著
リンクスロマンス(2006.4)

イラスト/佐々成美

大学三年生の有村瞭司は、レポート提出に訪れた研究室で驚きの光景を目にする。
消極的で地味な同学年の堀井譲が、眠る教授の手に愛しげに頬を寄せていたのだ。
教授への想いを知られ動揺する譲は、なんでもするから黙っていてほしいと懇願する。
以来、譲は有村の「奴隷」となるが、いつしか二人は身体の関係を持つようになり…。
イラスト/金ひかる

勤務はおもに夜間。週に一、二回のデート―。
妻に逃げられ赤ん坊を抱えてリストラされた絢人。
再就職もうまくいかない中、ゲームソフト会社を経営する藤堂から「月三十万でどうだ」と誘われたのが彼の愛人になることだった。
生活のため已む無く契約した絢人だったが、いつしか藤堂の身体に慣らされてしまう。
そんなある日、絢人は藤堂の会社で思わぬ仕事をすることになり…?
イラスト/秋森びびか

官能マンガ家に、大手出版社から執筆依頼!? 
昂の担当になったのは、一つ年下のエリート編集者・真行寺。学術書から異動してきた彼は、新作のネタ打ち合わせには熱心だけど、セックス描写の話になると、なぜか話題をそらしてばかり。
ところが、不審に思っていたある夜「あなたは経験豊富なんでしょうね」と不意打ちでキスされて!?
イラスト/祭河ななを

涼やかな美貌と、とびきり優秀な頭脳を持つ宝条グループの御曹司・智里の悩みは、深窓育ちで恋愛の経験がないこと。
「誰かに恋をしたい!」と家出した智里が出会ったのは、元一流シェフで今は建築現場で働く龍野だった。
かなりの男前で、ぶっきらぼうだけれど親身になって面倒を見てくれる彼に胸を高鳴らせる智里。そんななか、龍野がある事情から夢を捨てたことを知り―。
イラスト/三池ろむこ

きれいな顔して愛想が良くて、男でも構わずちょっかいをかけると噂の有名人。そんな先輩の来生になぜか気に入られた小林。
相手のペースに巻き込まれ初めは戸惑うものの、人懐こいくせにどこか遠慮がちで掴めない来生に小林も惹かれていく。
ところが小林が思いを告げた途端、来生は逃出してしまう。
実は来生は、冗談に紛らせなくては顔も見れないくらい、小林のことが好きだったのだ―。
月にむらくも、恋嵐
玉木 ゆら著
ビーボーイノベルス (2006.3)
イラスト/六芦かえで

豆は花街の高級男娼楼「幻月(げんげつ)」のみそっかす娼妓。
ドジな豆のお客は正体不明な男前・紅塵だけ。
しかし紅塵が店で最高位の娼妓・睡蘭(すいらん)を買ったことを知りショックを受ける。
しかもある日、睡蘭が部屋で死んでいるのが発見されて…。
カッパでも愛してる
樹生 かなめ〔著〕
講談社X文庫ホワイトハート (2006.5)
通常24時間以内に発送します。
イラスト/神葉理世

桜の精と称されるほどの美貌の持ち主・一色柊馬は不運菌を持つ男として周囲から恐れられている。
どれほど業績好調な会社も、柊馬が入社すると業績が悪化し、倒産するのだ。
そんなある日、柊馬はかつて父の会社を助けるために身体の取引をした本郷彬と再会して…!?
本日のご葬儀
秋月 こお著
キャラ文庫 (2006.4)
通常24時間以内に発送します。
イラスト/ヤマダサクラコ

一時間後に迫った通夜で、住職がまさかのドタキャン!途方に暮れる老舗葬儀社の青年社長・紘一。ところがその窮地を救ったのは、十年ぶりに再会した幼馴染の英真だった。
昔の粗野な印象とは裏腹に、玲瓏とした色香をまとう英真は、守護霊を自在に使役する天才霊媒師になっていて!?
風は生意気
剛 しいら著
ガッシュ文庫 (2006.5)
通常24時間以内に発送します。
イラスト/亜樹良のりかず

元カリスマレーサーでカフェを営んでいた深間亮輔の家に、突然、突然新見賢という青年がやってきた。賢はレース中の事故が原因で鬱屈していて、やたらわがままで生意気だった。
初めは年下の賢をもてあましていた亮輔だったが、気づけば賢の可愛さにハマっていた。
ある日、亮輔はバイトに火傷をさせた賢を怒鳴ってしまう。
「あんたが悪いんだ。俺にはちっとも笑ってくれないくせに」
無自覚の賢の嫉妬に欲望を掻き立てられた亮輔は強引に身体を押し倒して―。
罠
遠野 春日著
プラチナ文庫(2006.4)
通常24時間以内に発送します。
イラスト/小路龍流

次期社長候補の夏彦は、秘書・喬一の想いを利用して彼に抱かれ、精神的重圧からの逃げ道にしていた。
しかしある夜、そっけない態度を取ってしまった夏彦を、突然喬一が襲う。屈辱感と信頼を裏切られた悔しさ、悲しさで心が乱れる夏彦。
けれども、あの夜を思い返すと身体の芯が熱くなって…。
イラスト/奈良千春

日雇い労働者の集まる街で診療所を経営している青年医師・坂下。
労働者たちのリーダー格・斑目は、屈強な男たち相手に一歩も譲らず日々奮闘している坂下を気に入り、なにかとちょっかいをかけていた。
ある日、坂下と仲の良いホームレスのおっちゃんが肝硬変を患っていることが発覚。家族に知らせようとする坂下を、斑目は無駄だと一蹴する。
坂下を諦めさせるため、身体と引き換えならおっちゃんの住所を教えてもいいと条件を出す斑目。脅しのつもりだったが斑目だが、坂下は自分の本気を示すため、その条件をのみ抱かれることに―。
傲慢な恋人
魚谷 しおり著
白泉社花丸文庫 (2006.4)
通常24時間以内に発送します。
イラスト/佐々木久美子

飲料メーカーの営業マンである牧野哲也は、その美貌から「貴公子」と呼ばれているが、仕事に厳しいため「鬼」と敬遠されていた。後輩の永井宏幸は牧野を恐れず、大型犬のように懐いている。
しかしある晩、出張先のホテルで永井に告白された牧野は、ほだされてつい寝てしまう。
牧野は一夜限りのつもりだったが、それ以来永井がまとわりついてきて、困った牧野は永井にある「契約」を提案するが…!?
蜜のように毒のように
杏野 朝水著
アルルノベルス(2006.4)
通常24時間以内に発送します。
イラスト/佐々木久美子

わかば保育園の保育士・岬は6年ぶりに野性的で傲慢な世界的カメラマン・鬼頭と再会する。
かつて10代の自分を夢中にさせて淫らな快楽を教え込み、簡単に捨てた人。けれど鬼頭は昔のままの大らかさで岬に話しかけてくる。
心から愛していたからこそ、岬は踏みにじられた悔しさを隠せない。
そして今度は自分が彼を翻弄するために、期間限定の恋人契約を持ちかけて―!?
桜姫
水壬 楓子著
キャラ文庫(2006.4)
通常2-3日以内に発送します。
イラスト/長門サイチ

連邦犯罪捜査局に勤務するシーナは、野性的で精悍な捜査官。
頻発する異星人犯罪を取り締まるのが仕事だ。
そこへ視察に訪れた高等判事秘書官・フェリシアの護衛の任務を命じられる。
フェリシアは怜悧な美貌の超エリート。辛辣で無愛想な態度にはうんざりだが、命令には逆らえない。
ところがシーナはフェリシアになぜか熱く誘惑されて…!?
海に還ろう
剛 しいら著
アイノベルズ(2006.4)
通常24時間以内に発送します。
イラスト/金ひかる

青海は4歳の時、神秘的な祭で有名な海辺の町に引っ越してきた。
初めて出来た友達は野生児みたいな男の子・勇作。それから勇作は青海にとって世界のすべてになった。
勇作がいれば他には何もいらない―。青海の幼い想いはいつしか秘密の恋へと変わっていった。
けれど、美しく成長した青海が祭の花形「稚児役」に選ばれた事から、その身に忌わしい出来事が降りかかり…。
ケダモノのティータイム
火崎 勇著
プリズム文庫(2006.5)
通常24時間以内に発送します。
イラスト/依田沙江美

遠くから見ているだけだった企画課の和田の秘密を偶然知ってしまった藤代。
その秘密をきっかけに憧れの彼とお近づきになるチャンスを得ることができた。
でも藤代が彼に会えるのはケダモノモードのときだけ。疲れてイライラする和田からしか呼び出してもらえない。
ケダモノじゃない和田にも会いたい藤代は…。
スイート〔2〕・バケーション
うえだ 真由著
ディアプラス文庫(2006.4)
通常24時間以内に発送します。
イラスト/金ひかる

売れっ子小説家・光輝の世話係をすることになったダイバーの喬一。外面の良さとは大違い、光輝の生活はメチャクチャで態度はオレ様。だが、飾らない光輝を喬一は可愛く思い始め、同居は順調だった。
そんな時、光輝の伯父が金の無心に訪れる。すげなく追い返すものの、それ以来光輝の様子がおかしくなる。
自分の気づかいにも耳を貸さない光輝に焦れた喬一は思わず彼にキスしてしまい…。
不明熱
檜原 まり子〔著〕講談社 (2006.5)
通常24時間以内に発送します。
イラスト/桜遼(講談社X文庫ホワイトハート)

超美形だがネクラな私立J医大の外科医・柴田浩司の恋人は、製薬会社のMR・江森五月。二人はラブラブな同棲生活を送っている。
ところが加瀬嵩という患者のことで、かつて好きだった相沢に度々連絡をとる柴田。
江森は…。
意地っ張りたちの都合
かのえ なぎさ著
ゲンキノベルズ(2006.3)
通常24時間以内に発送します。
イラスト/小山田あみ

大学助教授の貴之は、従兄弟の頼みで恋人の形見の本を受け取るため、嫌々ながら古書店を訪れる。しかし従兄弟の名を騙り訪れた店で、若旦那の真壁と些細なことから言い争いになり、本は売らないと追い返されてしまう。
しかも後日、本に挟んであったラブレターに気づいた真壁が、貴之宛だと思いこみ、どうやって男を誘うのか見せてみろと強引に身体を組み伏せてきて…。
初めて知る快楽に抗う余裕もなく翻弄される貴之だが、素直になれない心とは裏腹に、身体はふしだらに真壁を求め始め―。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。