BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バカな犬ほど可愛くて
英田 サキ著 / 麻生海イラスト
海王社
ガッシュ文庫(2006.8)


男との恋愛経験豊富な成瀬聡は、見目はいいのに恋愛に関してはとことんダメな男・苅谷志郎に片思いをしている。
高校以来のつきあいで二歳年下の後輩の苅谷は、隣に引っ越してきてから毎晩夕ご飯を食べに来る甘えたがりの可愛いワンコ。
しかし、ある日苅谷に、好きな男ができたから男同士のHを教えてくれと迫られる。成瀬は苅谷への想いを抑えながら、必死な彼の頼みを聞き入れ初体験の相手になってやるのだが…!?
[バカな犬ほど可愛くて/英田サキ]の続きを読む
スポンサーサイト
跪いて、永遠の愛を誓う。
夜光 花著 / 奈良千春イラスト
竹書房
ラヴァーズ文庫(2006.8)


日常はつまらないことばかりで、何もかも億劫だ…。
橘グループの御曹司・雄太は、その恵まれた環境に甘え、毎日を好き放題に遊び周っていた。
そんな雄太を連れ戻しに来るのが父の秘書・古家孝彰。雄太は、冷たくいつも取り澄ましているこの男が大嫌いだった。二人は従兄弟だったが、孝彰が同性愛者だと知った時から、雄太は孝彰を避けるようになった。
そんなある日、同じような、家が金持ちの連中と粗悪な遊びを行い、雄太はついに最悪な事件を起こしてしまう。追いつめられた雄太を救えるのは結局孝彰だけだった。
だが孝彰は事件を隠蔽する代わりに雄太にとって最も屈辱的な要求をしてくる…。
高慢な天使の僕
水月 真兎著 / 藤井 咲耶イラスト
ワンツーマガジン社
アルルノベルス(2006.8)


刈谷美幸は怜悧なビ能を持つ心臓外科医。とある深夜、病院に忍び込んできたチンピラ・唐沢亨に人違いで犯されてしまう。だが、亨は薄茶の瞳にふわふわの髪、身体は大きいがヤクザにあるまじき仔犬のような性格をしていた。
後日、平身低頭でやってきた亨を美幸は「ポチ」と呼んで可愛がることにしたのだが!?
甘くなくても
火崎 勇著 / 朝南 かつみ〔画〕
オークラ出版
プリズム文庫(2006.8)


外川は勤め先のスポーツメーカーで念願の営業へと異動になった。
前の部にいるとき、電話でよく口論になった取引先の「城」という男。天敵とも言えるその男に担当として直接会うことになってしまう。
重くて低い声、野性的な容貌の男は、接待のあと「取引だろう?お前が望んだことじゃないか」と酒に酔った外川の身体を強引に拓き、舐り、貫く。
仕事の取引を身体の取引と誤解された外川は、それでも城が与える快楽に抗えず翻弄されてしまう。
難攻不落な君主サマ
真崎 ひかる著 / 蓮川 愛〔画〕
オークラ出版
プリズム文庫(2006.8)


護衛のスペシャリスト・SD(セキリュティドッグ)の全寮制養成所は、海に囲まれた南の孤島に立っている。
訓練生としてやってきた斗貴は、さっそく美味しそうな相手を探して寮内あちこちで手を出し始める。ところが「可愛い」だの「抱きたい」だの言われ、思うようにうまくいかない。
その上、とびきり厳しい鬼教官・藤村に目をつけられ、そのキスにメロメロになってしまった斗貴は、♂としてのプライドをいたく傷つけられて―!?
サマー・ヴァレンタイン
剛 しいら著 / 蔵王 大志〔画〕
フロンティアワークス
ダリア文庫(2006.7)


チョコレートショップ『冷人(れいと)』で働き始めた天野克彦は、天才ショコラティエ・永田冷人とスイートな関係。
でも最近ちょっとビター気味。何故なら永田が不機嫌なせい。しかも近くにアイスクリームショップができても何もしない。
克彦は永田の力になりたくてその店のアイスの味見をするが、それが永田にバレて喧嘩になってしまう。
おまけにその店に女装して偵察に行くことに…!?
恋について
木原 音瀬著 / 大竹ともイラスト
蒼竜社
ホリーノベルズ(2006.7)


ブライダルコーディネーターの朝霞武史は、初めてプロデュースしたお客様・笹川様に一年ぶりに再会した。
笹川夫婦は、朝霞が結婚式当日に起こしたドジを、笑って許してくれたとても優しいお二人だった。
朝霞は嬉しさと感謝の気持ちを込めて、笹川夫婦の結婚記念日に、お祝いの花束を贈るのだが…。
我儘なリアリスト
高岡 ミズミ著 / 蓮川愛イラスト
幻冬舎コミックス
ルチル文庫(2006.7)


芦屋三兄弟の末っ子・朋春は高校生。憧れのカメラマン志木正芳のもとに通う朋春は、志木の友人市ヶ谷から忠告を受けたにもかかわらず、寂しそうな志木を思わず抱いてしまう。しかし、志木は市ヶ谷とも関係が…。
そのうえ志木は朋春に、市ヶ谷に抱かれろと命ずる。志木を愛しているがゆえ従おうとする朋春に、怒る志木だったが…!?
我儘なリアリスト
高岡 ミズミ著 / 蓮川愛イラスト
幻冬舎コミックス
ルチル文庫(2006.7)


芦屋三兄弟の末っ子・朋春は高校生。憧れのカメラマン志木正芳のもとに通う朋春は、志木の友人市ヶ谷から忠告を受けたにもかかわらず、寂しそうな志木を思わず抱いてしまう。しかし、志木は市ヶ谷とも関係が…。
そのうえ志木は朋春に、市ヶ谷に抱かれろと命ずる。志木を愛しているがゆえ従おうとする朋春に、怒る志木だったが…!?
恋する絶対の芳
いおか いつき著 / 奈良千春イラスト
幻冬舎コミックス
ルチル文庫(2006.7)


29歳の新米弁護士・高城優弥は、高校生の宮路曹に痴漢と間違われたことをきっかけに挨拶を交わす仲に。再び痴漢にあう曹を優弥は助けるが、犯人をみて曹は倒れてしまう。
曹の父親から事情を聞いた優弥は、曹の力になりたいと思い、一緒の電車で通勤することに。曹もまた優弥心を開き始める。
しかし、一回りも違う曹への気持ちに戸惑う優弥は曹と距離を置こうとし…!?
絵になる大人になれなくても
崎谷 はるひ著 / ヤマダサクラコ画
幻冬舎コミックス
ルチル文庫(2006.7)


電子機器メーカーの営業・坂上真弓は、新しく入ったバイト井原峻之に驚く。
坂上と井原は高校時代、親友だった。しかし卒業と同時に井原は坂上の前から姿を消したのだ。そのことに傷つき、いまだ引き摺っている坂上は、八年ぶりの最愛に戸惑う。
「あのころから俺のこと、好きだっただろ?だから離れたのに」と言う井原に坂上は…!?
咬みつきたい。
たかもり 諫也著 / かわい千草イラスト
新書館
ディアプラス文庫(2006.7)


ヴァンパイア・ハンターのイザークは、強烈な印象とともに淫靡なゴスでセクシーな銀髪のヴァンパイアの少年トリスタンと出会う。
力あるヴァンパイアのくせになぜ同族を憎み、“狩り”に加わるトリスタンの奔放な行動に振り回されながら、次第に彼に惹かれていくイザーク。
わがままで可愛い猫のようなトリスタン。だが、思いのまま貪るように彼を抱いた夜、トリスタンは、恐ろしい告白をする。
獅子座の男
小川 いら著 / トジツキハジメ画
幻冬舎コミックス
ルチル文庫(2006.7)


大学一年生の有季は、新宿で絡まれているところを「レオ」と呼ばれる怪しげな雰囲気の男に助けられる。
謎が多くて強引で、お礼をしたいと言う有季の家に押しかけ、身体でお礼を払わせるレオ。そんな男に心も身体も変えられてしまう有季だったが―。
ある日、レオのお使いで出かけた有季は不審な男たちに書類を奪われてしまう。謎だらけのレオの正体は!?
蛇淫の血
沙野 風結子著 / 奈良 千春挿画
プランタン出版
f-LAPIS文庫(2006.7)


「お前は俺に与えられた玩具だ」
凪斗を平穏な大学生活から引きずり出し、監禁した男は言い放った。
その男、角能は、岐柳組組長の隠し子である凪斗が跡継ぎ候補となったこと、凪斗のボディーガードを自分が務めることを告げてきた。だが、冷めた目、嬲るような扱いは、凪斗を護る者のものとは思えない。
そして凪斗は催淫剤のせいで浅ましく角能を求めてしまう。
弄ばれるたび、凪斗は屈しまいとしていた心が壊されていくのを感じる―。
君とここにあること
妃川 蛍著 / かんべ あきらイラスト
ワンツーマガジン社
アルルノベルス(2006.7)


大手商社の期待の新人・鷹屋洸。だが、上司の由岐斗耶には、いつも叱られてばかりいる。
有能すぎて同僚から反感を買い、自らもかたくなに人を寄せ付けようとしない由岐に、なんとか歩み寄ろうとする鷹屋。
そんなある日、鷹屋は遊園地で偶然迷子を保護する。子供を迎えにきた父親は、なんと独身のはずの由岐だった!
繊細な美貌に、会社にいるときとは正反対の儚げで不器用な表情を浮かべる由岐に、鷹屋は強く惹きつけられるが―!?
恋獄の獣に愛されて
吉田 珠姫著 / 相下猛イラスト
海王社
ガッシュ文庫(2006.7)


誰にも必要とされていないという思いを抱きながら毎日を送るあさぎは、ある日違う世界へと迷い込んでしまう。
そこで出会ったのは、赤い髪、獣のような体躯を持つ男・ソード。ぶっきらぼうで野蛮な彼は、あさぎへの強い欲望を抑え込みつつも、傷だらけになりながら激しい情熱で、あさぎを魔物から守ってくれる。
初めて自分が自分である意味を見出せたあさぎは、ソードと共に生きたいと願うが、ソードに元の世界へ戻れと突き放されてしまい…。
竜と竜
綺月 陣著 / 亜樹良のりかずイラスト
海王社
ガッシュ文庫 (2006.7)


「いきがるな。もっと俺に甘えろよ」
両親を亡くし、幼い弟と二人暮しの乙部竜城は生活のために掛け持ちでアルバイトをしている。
昼のバイト先・カフェで知り合った常連客が市ノ瀬組幹部・石神龍一郎と知ったのは、夜のバイト先にホストクラブ。トラブルに巻き込まれ怪我をした竜城を自宅まで送ってくれたのがきっかけで、石神は何かと理由をつけてアパートにやってくるようになる。
人に頼るまいと肩肘を張ってきたはずの竜城だが、その優しい一面に心を奪われて…。
檻の中の楽園。
六堂 葉月著 / 笹生 コーイチイラスト
ワンツーマガジン社
アルルノベルス(2006.7)


選び抜かれた御曹司たちだけが集う、エーゲ海の島『エリュシオン』。
その若きオーナー・美王唯杜は、日本屈指の名家の子息・中垣嘉仁と出会う。
他の御曹司たちを拒む嘉仁の冷たい態度に、最初は唯杜も戸惑うのだが、嘉仁の瞳が湛える悲しみの理由を知って、どんどん嘉仁に惹かれていく。
だが・・・嘉仁は唯杜の身体を残酷な取引で弄び…!?
従者の心得、執事のたしなみ
池戸 裕子著 / 水貴 はすの〔画〕
リーフノベルス (2006.7)


勝気な青年・裕司の前に現われた一分の隙も無い完璧な男・御堂。
初対面から威圧感漂う態度で挑発され、何故か通う羽目になったのは、極秘の執事養成学校。彼は大富豪の由緒正しき執事だったのだ!
冷徹な御堂から執事となる教育を受けるうち、なにより男として尊敬できる御堂を意識し始める裕司だが…。
イノセンス
砂原 糖子著 / 樹要イラスト
オークラ出版
アイスノベルズ(2005.2)


「好きな人は誰か」と友達に聞かれた睦は、「クルちゃん」と答えた。来栖貴文、睦の同い年の幼馴染だ。
「来栖は男。そういう好きじゃなくて」と言われても、睦には「そういう」がどういう「好き」なのかわからない。
睦が「好き」な沢山の人や物の中でクルちゃんが一番好きだから。
そんな時、来栖が女の子とキスしているところを見てしまった睦は、自分もキスをお願いするが…。
この男からは取り立て禁止!
高岡 ミズミ著 / 桜城ややイラスト
徳間書店
キャラ文庫(2006.6)


ローン会社に勤める水野谷が債権回収先で会ったのは、高校時代、プリンスと称されていた男、密かに憧れていた村瀬だった。
甘い美貌と憎めない笑顔で、借金なんて似合わないエリートが、なぜのぞき部屋の店番に?
しかも水野谷の催促を悠然と受け流すと、「君に会えるとは思わなかったよ」と迫ってきて!?
なにがなんでも愛してる
樹生 かなめ著 / 神葉理世イラスト
講談社X文庫ホワイトハート (2006.7)


不運の女神に愛されていると評判の兄・柊馬を身近でみて育った双子の弟・和馬と兵馬は、人生を堅実に生きることを目標にしていた。
そんなある日、和馬は兄・柊馬にそっくりな美青年・樋口至と出会う。
儚げで楚々とした雰囲気を持つ樋口だが、実は柊馬にも劣らぬ不運体質だった…!!
傷痕
中原 一也著 / 石田育絵イラスト
笠倉出版社
クロスノベルス(2006.6)


麻薬取締官の黒木は、ずっと追っていたヤクの売人「翡翠のピアスの男」に近づくことに成功する。
潜入捜査のために危険を承知で男と行動を共にする黒木だったが、男の持つ孤独と怒りに共鳴し自らを重ね、犯罪者だとわかっていながらも急激に惹きつけられてしまう。
そんな黒木の不安定な弱さを危うく思っていた刑事で幼馴染の赤嶺は、黒木を取り戻すため実力行使に出るのだったが…。
真昼の月 3
いおか いつき著 / 海老原 由里〔画〕
雄飛
アイノベルズ (2006.7)


ある事件がきっかけで、ヤクザの若頭・辰巳の情人になった元刑事の秀一。
大阪ミナミで新たに調査会社事務所を始めた秀一に舞いこんだ初めての依頼は、違法駐車の所有者探しだった。
だが、単純な調査のはずのそれは、やがて辰巳の組を巻き込む殺人事件につながり…。
しかも事件は組だけでなく、辰巳自身とも関わりがあるようで!?
棘の住み処
棘の住み処魚谷 しおり著 / 笹生コーイチ画

心交社
ショコラノベルスハイパー 2006-06-10



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

中津川子爵の後継者として育てられた養子の公也は、子爵に妾腹がいることを知らされ、その子・響を弟として屋敷に向迎え入れることになる。人形めいた美しさの公也と違い、響は父に似た男らしい容貌の若者だった。
父の前では素直な青年を演じてみせた響だが、公也と二人きりになると豹変し、嫡子の地位と引き換えに身体を差し出すよう命じてくる。
何不自由なく生きてきた公也を、それ故の美しさを響は憎んでいた。
跡継ぎとしての自分にしか価値を見出せない公也は、蔑みながらも、義弟である響に抱かれることを選ぶが―。
獣は弁護士に殉愛する
眉山 さくら著 / 楠木 潤挿画
プランタン出版
f-LAPIS文庫 (2006.6)


弁護士の秋芳は、父が作った莫大な負債の代償として極道・屋久の所有物にされてしまう。
屋久とはかつて容疑者と弁護人としで出会い、想いを通わせたものの、秋芳には彼の激しさを受け止め切れなかった過去があった。
再び目の前に現われた屋久に、組の顧問弁護士になること、屋久の望んだときに抱かれる娼婦になることを命じられ、秋芳は衝撃を受ける。
つっぱねる秋芳に屋久は、力ずくでその身体を奪い、所有権を知らしめるが―。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。