fc2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。
檻の中で愛が降る
あすま 理彩著 / 小山田あみイラスト
プランタン出版
プラチナ文庫(2006.8)


「今度は…一夜では済ましませんよ」
元下男の中原の言葉に、雪下侯爵家の嫡男・梓は震えた。
3年前従順なはずの彼に、一度だけ凌辱を許したが、彼はその後組の若頭に出世し、今度は梓ごと家を買ったのだ。
貴族が金の為に弄ばれる。座敷牢に繋がれ、夜ごと秘処を暴かれ雄芯を穿たれ、貶められた。だが囲い者にされ、踏みにじられた自尊心とは裏腹に、貫かれると覚えさせられた甘い疼きが蘇って、梓は戸惑う。
淫欲を無惨に刻み込まれているのに、何故…?
[檻の中で愛が降る~命がけの恋~/あすま理彩]の続きを読む
スポンサーサイト