fc2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。
夜に溺れるキスをして
妃川 蛍著 / 有馬かつみイラスト
プランタン出版
プラチナ文庫(2006.9)


初恋の垣内に、高3の夏一度だけ抱かれた。痛みさえ甘く、汗の匂いも愛おしかった。
――極道の子で、夜の街で生きてきた比永。あの夏の記憶を抱いた心は、固く閉じたまま…。だが比永絡みの犯罪に垣内の教え子が巻き込まれた。
比永は単身乗り込むが、催淫剤を打たれてしまう。頬に快感を滲ませ悶える様子に、垣内は「クスリのせいにして、溺れちまえばいい」
震える欲望を扱き、熟れた蕾を剛直で穿った。
その熱さに、比永は疚しさを感じつつ蕩かされて…。
[夜に溺れるキスをして/妃川螢]の続きを読む
スポンサーサイト