fc2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。
片恋
あすか著 / 実相寺 紫子〔画〕
雄飛
アイノベルズ(2006.11)


「――私にとって、君の気持ちは迷惑以外のなにものでもない」
何度冷たくそう突き放しても、狭霧をしつこく口説き続ける年下の男・悠護。
二年前に別れた恋人をいまだに忘れられずにいる狭霧には、悠護の存在がただただ鬱陶しく厄介なものでしかなくて…。
だが、そんなある日、元彼が結婚するという知らせが届き、狭霧は寂しさを埋めるため、思わず悠護をベッドへ誘ってしまい――。
[片恋―難攻不落な恋人―/あすか]の続きを読む
スポンサーサイト