fc2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。
白の彼方へ
真崎 ひかる著 / 高峰顕イラスト
二見書房
シャレード文庫(2007.5)


北アルプスで山荘の管理人を務める朝陽の前に、死んだ恋人そっくりな、新人山岳警備隊員の塩見が現れる。
せっかく長い月日が記憶を薄めてくれたのに、やっと、いないことに慣れてきたのに。平穏な生活を望む朝陽の前に突如現われた無視できない存在。
心をかき乱され苛立ちを覚える朝陽だったが、一目惚れしたとひたむきに想いを寄せてくる塩見に次第に惹かれていく。
愛する人を再びなくすことの怖さから、朝陽は塩見を拒み続けるのだが――。
[白の彼方へ/真崎ひかる]の続きを読む
スポンサーサイト