fc2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。
執事の受難と旦那様の秘密 上
椹野 道流著 / 金ひかるイラスト
二見書房
シャレード文庫(2007.5)


検死官ウィルフレッドの助手兼恋人になったハル。
折りに触れ、包み込むような優しさで、ほかの誰でもなくお前が大切で愛しいのだと教えてくれるウィルフレッドに、ハルは幸せを噛み締めていた。
しかし、このところ執事であるフライトの様子がおかしいことに気づき不審に思うハルに、自分が育った「ネイディーンの家」で院長が殺されたとの報せが入る。
「神殿を出たものは二度と戻れない」という孤児院の掟のため、屋敷でウィルフレッドの帰りを待つハル。
だがその留守中、院長殺害容疑でフライトが逮捕されて…。問い詰めるハルに、否定も肯定もしないフライトの真意とは一体…!?
[執事の受難と旦那様の秘密/椹野道流]の続きを読む
スポンサーサイト