fc2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。
太陽の雫
高岡 ミズミ著 / 水名瀬雅良イラスト
講談社
X文庫ホワイトハート(2007.6)


「天帝にこのような不埒な真似をするなぞ、万死に値するな」
世界の象徴として存在するラドルクの若き天帝・莉央には身も心も奪い合った男がいた。世界を軍事で我がものとしたガルトの大帝・叡帝だ。
だが、互いに国の頂点であるふたりは離れ離れの生活を余儀なくされる。
そんなある日、莉央は叡帝の裏切りとも思える噂を耳にしてしまい…!?
[太陽の雫/高岡ミズミ]の続きを読む
スポンサーサイト