BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2009/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4403522270恋するピアニスト
絢谷りつこ/あさとえいり
新書館
ディアプラス文庫 2009-10-10

by G-Tools

若手ピアニストの一史には忘れられない男がいる。高校時代に出場したコンクールで、フォーレの『夢のあとに』を弾いた曽我倭ーー。あれから八年、一史は街のピアノ弾きとなっていた曽我をついに見つけ出した。
だが曽我は「あの曲を弾いて欲しい」というリクエストを断り、突然一史に口づけた。少年期のトラウマにより、肌の触れ合いに怯える一史だったが……?
ピアニスト同士、再会から始まる不器用で優しい恋物語。
[恋するピアニスト/絢谷りつこ]の続きを読む
スポンサーサイト
486263673Xはつ恋
榎田尤利/小山田あみ
リブレ出版
ビーボーイノベルズ 2009-10

by G-Tools

事故が原因で2度目の高校生活を送る久我山。大人びて冷めた瞳の久我山に、担任の曽根は親身になってくれる。
うっとうしい教師だったはずの曽根を知るにつれ、その甘い声をもっと聞きたくなってしまう久我山。
胸が痛むほどのこの想いに名前があるとすれば――恋。
しかし曽根には恋人がいるうえ、自分はただの生徒にすぎないと知り……。
それでも彼を守りたい。
未来を変えるために、今、恋をする。
4862636721恋愛・教師―Color of Snow
西江彩夏/麻生 海
リブレ出版
ビーボーイノベルズ 2009-10

by G-Tools

「好きになれなんて言わない。だからあと少しだけ、今だけ、側にいたい」
雪が降る夜、佐々井は恋人に振られて混乱する年下の同僚・井瀬崎に抱きしめられていた。
井瀬崎は、普段は温和で優しいが、同性の恋人の存在を知る佐々井を避け続ける片想いの相手。
嫌っているくせに、佐々井は必死に縋る腕の強さに拒むことができない。
彼に触れてもらえる嬉しさと罪悪感を素直になれない態度に隠したまま、佐々井は体を重ねてしまうが――。
405904105X帝の恋文~禁じられた契り~
伊剛ルウ/北畠あけ乃
学習研究社
もえぎ文庫 2009-09-15

by G-Tools

都で話題の笛の名手・夕凪。その腕と美貌を見込まれ、宮中での宴に“女性楽士”として加わるが、時の帝・栖凰帝に見初められ、毎夜のように恋文が届くようになる。
だが夕凪には、性別以外にもそれに応えられない重大な秘密があった。
しかし栖凰帝によって宮中の奥深くに閉じ込められ、強引に身体を奪われてしまい!?
「私から逃げおおせると思うな」――荒れ狂う想いとは裏腹に、幾重にも禁じられた恋の行方は?
4199005390小説家は誓約する 小説家は懺悔する3
菱沢九月/高久尚子
徳間書店
キャラ文庫 2009-09-26

by G-Tools

ベストセラー作家・佐々原と暮し始めて一年――。相変わらず不機嫌な執筆中の顔も、濃やかなセックスも律は惚れ直すばかり。
ところがある日、佐々原の新作が批評家に「凡庸で駄作」と酷評されてしまう!!
担当編集者にも「作風が変わった」と告げられ、律は内心茫然自失。もしや自分の存在が悪影響を与えている!?
密かに責任を感じて、思い悩む律だけど!?

4403522246はな咲く家路
一穂ミチ/松本 ミーコハウス
新書館
ディアプラス文庫 2009-09-10

by G-Tools

高校生のかずさは、生まれた時からずっと母・弓子から「結婚したい人がいる」と告げられ、木工作家の慎一と自分と同い年だという息子・葵と顔合わせをすることに。
初めて会う葵は、真面目で臆病なかずさと違い、まっすぐで自由で――夜空を取り込んだような黒い目で、健やかに笑った。
そして、弓子と慎一は結婚し、二人は兄弟になるが……。

4344817680桜雨は仇花の如く
神奈木智/穂波ゆきね
幻冬舎コミックス
ルチル文庫 2009-09-15

by G-Tools

色街屈指の大見世『翠雨楼』の売れっ子男花魁・佳雨は、想いを通わせ合う百目鬼久弥との逢瀬を心の支えに裏看板として相変わらず大人気。ある日、佳雨は禿として少年・希里の面倒を見ることに。しかし反抗的だった希里が行方不明になり心配する佳雨。
一方、佳雨に身請け話をしつこく持ちかける男がいた。
その男は行方不明事件にも関係があるようで……。

4403521983初心者マークの恋だから
いつき朔夜/夏目イサク
新書館
ディアプラス文庫 2009-09-09

by G-Tools

年上のいい男に口説かれて、ホテルに入った新米教師の謙吉。なのに土壇場で怖じ気づき、彼がバスルームにいる間に逃げてしまった。
後で悔やんでも、後悔先に立たず。
ところが数ヶ月後、他校の会議室でその男・達川と再会した。そして、高文連弁論部門の専門委員として、共に活動することになったのだ。
男としても教師としても憧れと尊敬の念を抱かせる達川に、謙吉は惹かれていき……。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。