FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2021/031234567891011121314151617181920212223242526272829302021/05

4403522076春待ちチェリーブロッサム
松前侑里/三池ろむこ
新書館
ディアプラス文庫 2009-02-07

by G-Tools

中三のバレンタイン。悦也は雪の公園で出逢った酔っぱらい男になりゆきで親友の護への恋を相談し、諦めるなと励まされる。
男の言葉どおり護と同じ高校に進学する悦也だが、護と彼女の幸せそうな姿を見せつけられる日々に早くも後悔を始めていた。
そんな時、実は教師だった酔っぱらい男・稜に再会。
ゲイである自分を偽って生きようとする稜に反発しながらも相談を重ねるうち……?

野沢稜(のざわりょう・27歳)×榛名悦也(はるなえつや・15歳)
英語教師×高校1年生

「春待ちチェリーブロッサム」(雑誌掲載)
「Strawberry Touch」(書き下ろし)

松前さんがあとがきで仰ってますが「教師本×十四冊」めだそうです。好きなんですねー、教師。
私も“教師”は好きだけど、攻じゃない方がいいかな~。
個人的にです。
なんとなく、教師は「受」が好き(笑)。


親友に彼女が出来て初めて恋心を自覚した雪降るバレンタインデーの日。悦也は公園で雪だるま相手に酒盛りする酔っぱらい男に出会う。
つい、失恋したことを話し、親友と同じ高校を受けるのを止めるとこぼす悦也を、男は「諦めるな」と励ます。

しかしその言葉どおり親友と同じ高校に合格した悦也は、毎日親友と彼女の仲むつまじい所を見せつけられ、早くも後悔する。
そして、あの男のせいで…と恨む悦也の前に、当の男が同校の英語教師として現れる。
しかも、自分には「諦めるな」と言ったくせに、その男、野沢稜は、自分もゲイであるくせに、世間体や出世のため普通の人生を選ぶと言う…。

「雪だるまと酒盛りをする男」って、なんとなく初っ端から松前さんらしい感じがした(笑)
なかなか本音を明かさない、飄々とした年の離れた大人に苛々したり焦れたりしながらもだんだん惹かれていく話。
稜はいつも軽い態度なので、「子供に正面から向き合わない大人」みたいに見えてしまったかもしれない。
しかし、飄々としてるだけで実際は悩める大人で、そういうところをとことん見せないようにしている人。

稜は15歳の悦也と同じ位置には降りて来ない人なので、悦也が一人ジタバタしているだけのように見える。悦也が大人の恋をするには、まだ凄く先が長い。
しかし雑誌掲載のラストの、「一度ならず、二度三度までも、悦也が俺の人生を救いに来てくれた」という稜の言葉に、稜に悦也がどう影響したかが滲んでいてホッとする。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは~みむさん!

これ、手元にありますよ~!
って・・教師と教え子カップルで、年齢差が12歳なんですか~?!
ちょっとちょっとまずいだろう?(笑)
雪だるまと酒盛りをする大人って~(謎)
でも、面白いかもですね。読むのは先ですが楽しみにしておきます!
2009/02/28(土) 02:33 | URL | 水月 #/fVvPWuA[ 編集]
>水月さん
こんにちは~。

現実的に考えたらね、やっぱりマズイですよ(笑)
BLではマズイことは他にもいくらでもあるのでコレだけ目くじら立ててもなんなんで、許容できるかできないか、ですかね。

受のグルグルは、内緒で先生とつきあってる女子高生設定の少女漫画風な感じがしました。
自分だったら、こういう飄々とした大人はタイプじゃないんだけどなー(笑)
2009/02/28(土) 07:47 | URL | mimu #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する