FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

4877249419弔愛―群れなす天使の歌声に
鳩村衣杏/榎本
海王社
ガッシュ文庫 2009-02-28

by G-Tools

合言葉は「『天使の群れ』をウォッカで」――
私立探偵の城上は、亡き親友の遺言で生き別れた彼の弟を捜すことになった。彼が死の間際に遺した三枚の写真と「天使の群れ」という言葉を追い、たどり着いたのは「ユーフォリア」。バーテンダーの憂里は、男を惑わす謎めいた笑みを浮かべ、「天使の群れ」というカクテルを出した。
淫蕩に甘く、酩酊を誘う憂里に城上はある衝動を覚える。―この男を壊したい。
夜の果て、男達のサスペンス・ラブ。
城上慶之(じょうじょうよしゆき・36歳)×田丸憂里(たまるゆうり・31歳)
私立探偵×バーテンダー

続きものでした。
次が出てから読もうかな・・・とも思いましたがもう今月末には出るらしいからいいや、と(笑)
しかし途中なので感想は書きにくい。
「ハードボイルド風にしませんか?」という担当さんの声から広がった話だそうで、確かにハードな人たちのお話。

受の身の上がすごい。
マフィアの息子で、今は日本のヤクザ・平田組に母と共に人質同然に囲われて母は名目上若頭の妻となり麻薬漬け、そして売買に絡む製薬会社の支店長に金で買われる身で平田組組長の妾腹の息子とも関係を持っている。
マフィアとヤクザと製薬会社と麻薬・・・その鍵を握るのが憂里で、駒でもあるし憂里自身も男と寝ることでその保身を図っているというんでしょうか。
バーテンとして働くバーでは密かに「天使の群れ」と呼ばれる麻薬を憂里自ら捌く。そしてマフィアにその身を狙われている。

攻は施設育ち。父親に暴力を受け、母には捨てられ、愛情を与えられず満たされずに育った城上は、いつも自分の暴力衝動を抑えられずにいる。
それを逆手にとって警察に勤め刑事となるものの、暴力の代わりにセックスでその衝動を発散することをやめられなかったため、上司の妻にまで手を出して辞職。自ら破滅に突き進むことを望んでいるようなところがある。
同じ施設で過ごした一之瀬稔という青年に友情以上の執着を持つが、麻取だった一之瀬は一年前車が海に転落して死亡。そして城上に、保険金と共に三枚の写真と葡萄十字と呼ばれるクロス、そして「天使の群れ」と書かれたバー・ユーフォリアのカードが遺される。
その願いを汲み取った城上は、一之瀬の“弟“を捜すため、ユーフォリアを訪れる。

そして壮大な裏事情に巻き込まれていくわけだが、憂里を巡って実に三人の男が既に絡んでいて(肉体的にも)、一人は死亡したがそこに城上が加わる。
なので城上を含め三人の男との、そのシーンがある。
いつもの私ならカンベンしてくれよとなるところだけど、登場人物の誰を取っても凡人の私には理解し難く共感するところも同情するところもないため、わりと「人ごと」としてサラッと読んでしまった。

どうして城上と憂里がお互いに惹かれるのかも実は全然わからない(笑)。
というか、そもそもそういう情緒的な部分はないのだ。
なんとなくB級のハードボイルド映画をボーッと見ていたような感じがする。
それにしてもとっても気になる部分で唐突に終わってるので、やっぱり次が出てから読んだ方が良かったかもしれない(笑)
ロシアやフィンランドのマフィアにヤクザに外国の製薬会社に・・・と拡げた風呂敷をどう畳むのでしょうか。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは、mimuさん。
私も続きものとは知らずに買って、ラスト近くページ数が少なくなって、広げた風呂敷をどうたたむのかと思ってたら、続く~でした。

今月末には続編が出るのですか?又、続く~なんてならないでしょうねえ。

受けが複数と関係を持つのは、あまりこのお話では気になりませんでした。まだ、どこにもラブが見えないせいでしょうか?

次回、ラブが出てくることを祈ってます(笑)
2009/03/21(土) 16:47 | URL | 桃 #-[ 編集]
>桃さん
こんにちは、桃さん。
私も「鳩村さんだから」というだけで何となく買ってしまったので、続きだと気づいたのは、読もうと思ってからでした。

いつもなら攻にしろ受にしろ他の相手と・・・というのは好きじゃないんですが、今の段階ではどっちにも感情移入も共感もできないので、気にならなかったようです。
背景もちょっと嘘っぽいせいかもしれません。

「ラブ」ないですよね?(笑)
恋をしたって言われても、どうして恋したのかよくわかんないし・・・。
その辺りも含めてどう締めて下さるのか。
どこかで三月末(28日)に続きが出ると見たような気がしたんですが、勘違いだったかしら?!(笑)
2009/03/22(日) 08:35 | URL | mimu #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する