FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2021/031234567891011121314151617181920212223242526272829302021/05

4344816072Fly me to the Moon
雪代鞠絵/テクノサマタ
幻冬舎コミックス
ルチル文庫 2009-03-17

by G-Tools

天涯孤独の少年・悠は、バイト帰りに偶然知り合った弁護士・浅羽と、週に一回おいしいご飯を食べに行く不思議な関係になる。寂しさや辛いことさえも受け入れて、ひとり慎ましく暮らしてきた悠は、浅羽の優しさに触れるうち、次第に彼を好きになってしまう。
しかし、浅羽が悠に優しくするのには理由があって!?

浅羽涼生(あさばりょうせい・29歳)×小川悠(おがわはるか・16歳)
弁護士×天涯孤独のアルバイト少年

「Fly me to the Moon」
「Ombra mai fu」
「いつくしみ深き」の三編。

2005年ビーボーイノベルズで発刊されたものに書き下ろし、HPにアップされていたSSを加えた新装版です。
イラストも変わりました。

両親の突然の事故死で叔父の家に引き取られた悠は、中学卒業後ひとりアパートを借りてコンビニのアルバイトをして暮らしている。
そんなある晩、綺麗な月を見上げてつい道路の真ん中に出てしまった悠は車にぶつかりそうになり、運転していた弁護士・浅羽と知り合う。
強引に食事に誘われ、それをきっかけに週一回金曜日、悠は浅羽と夕食の約束をするように。
寂しさやバイト先での辛さを一人耐えていた悠は、浅羽の優しさに、やがて彼に惹かれていく。

13歳の年の差カップル。
悠は、可愛くて素直で頑張りやで、童話の「こぎつね」をなぞらえたいじらしくてかわいそうで健気な存在。
確かに子供っぽい主人公だが、いい子だし、普通に好感の持てるタイプでしたし、とても可愛らしいお話でした。

あまりに可愛いのでつい29の男が、しかも弁護士が手を出したらマズいんじゃん?と思ってしまうんですが、まあそれは言わないでおこう。(書いてるがな。)
初めてのあと、半年以上も手を出さず、まだ身体的にも発達途上な悠を思いやって、せめて高校卒業か二十歳になるまで我慢しようとした浅羽に免じて(笑)
誠実ないい男なんだけど、言葉が足りなかったり説明不足で悠を悲しませてしまう。
でも「保護者」と「恋人」の顔も持たなければならない浅羽は、どっちかひとつでも気苦労や心配はつきないのにそれが両方となっては、これから成長して大人になっていく悠に、精神的に振り回されるだろう。

書き下ろしとSSでは、そんな浅羽視点の一端が垣間見られます。
「恋人と同居」と言えば幸せいっぱいだけど、一人の子供の成長にかかる費用を何の心配もなく負担できる29歳ってスゴいよな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する