FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/01

4344816625茅島氏の優雅な生活〈2)
遠野 春日/日高ショーコ
幻冬舎コミックス
ルチル文庫 2009-05-15

by G-Tools

孤独な資産家・茅島氏は浮き世離れした風変わりな青年。そんな茅島氏の純粋さと内に秘めた情熱を知るのは、恋人である庭師の「彼」。恋をして少しずつ人間らしい感情の波を見せ始めた茅島氏は、庭師と共に英国湖水地方を訪れる。だけど、そこには庭師の昔の親友がいて――!?
庭師×主人の恋を描く人気作、書き下ろし短編も収録。

「彼」×茅島澄人(かやしますみと)
庭師×主人

「パーティーとお嬢様と英国式庭園」
「歓喜する五月~英国旅行編」
「追想の終章」
「まいにち、しあわせ」
(以上2000年10月リーフノベルズ)
「MISTY BLUEにて」(書き下ろし)

茅島氏の二巻目です。
表紙の、ちょっとイジワルそうな目つきをしてる庭師がステキ♪です。
不遜そうな顔つきですが、二巻目では茅島氏にベタ惚れであることが大変よく伝わってきました。

「歓喜する五月~英国旅行編」では、“彼”と昔関係の会った男に会い、茅島氏は嫉妬と不安に駆られてしまいましたが、短編のどれからも、二人がとっても甘い恋人同士なのがわかって、いや、ごちそうさまでした(笑)。
こんな高貴なかたにお道具とか使っちゃうんだなぁーとちょっとオドロキ(笑。そのシーンはありません)
素直でホントになんでも許しちゃうんだなー。
それほど“彼”のことが大好きというのがよくわかりますが、相手もそれに負けないくらい大事に想っていて、そんなプレイも幸せな恋人同士の証明って感じ。

書き下ろしの「MISTY BLUEにて」は、遠野さんの作品に時々登場するというバーのお話ですが、他シリーズの登場人物もほんのちょこっと顔を出していました。関東最大の広域指定組織のNO.2の東○さんとか(笑)。

来月が、もう最終巻なんですって!
楽しみだけど、ちょっと残念というか、いつまでも見ていたい茅島氏なのでした。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは~みむさん。

私もこれは予約してます!
3巻揃ってから一気読みしようと思ってます。
ほう・・あの東〇さんも登場ですか?ッテコとはその隣にはあの人かあの人がいたりするのかな?
2009/05/29(金) 02:00 | URL | 水月 #/fVvPWuA[ 編集]
>水月さん
こんにちは、水月さん。

水月さんは一気読みですか。
私は我慢できなくてどんどん読んでしまいました(笑)
東○さんの隣には「青年実業家ふうの男」がいますね(笑)
でも登場はほんのちょびっとだけですよ。サービスかな?

来月には三冊目が発売のようですから、どうぞ水月さんもたっぷり茅島氏の可愛らしさに浸ってくださいv
2009/05/29(金) 08:18 | URL | mimu #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する