FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4403522246はな咲く家路
一穂ミチ/松本 ミーコハウス
新書館
ディアプラス文庫 2009-09-10

by G-Tools

高校生のかずさは、生まれた時からずっと母・弓子から「結婚したい人がいる」と告げられ、木工作家の慎一と自分と同い年だという息子・葵と顔合わせをすることに。
初めて会う葵は、真面目で臆病なかずさと違い、まっすぐで自由で――夜空を取り込んだような黒い目で、健やかに笑った。
そして、弓子と慎一は結婚し、二人は兄弟になるが……。

葵(あおい)×かずさ
同い年。高校生~大学生

親同士の結婚で兄弟になった葵とかずさ。
二人はいつしかお互いを好きになるが、葵の告白からかずさは逃げてしまう。
その後葵は東京、かずさは関西の大学にすすみ、会わないまま二年が過ぎる。
しかし葵の可愛がっていた犬が亡くなり、二人は里帰りし再会する。

二年前も、会わなかった二年間も、そして再会した今も、ずっと変わらず、やっぱり好きだったな…というお話。
何かが起きるわけでもなく、ありがちな素材だけど、とてもとても繊細な、心の機微を掬い取るような文章に、吸い込まれていくような読み心地。
好きだな~と思いました。

葵は伸びやかで大らかだけれど繊細さも合わせ持つ芸術家肌で、かずさはごく普通の感覚の、しかし頑固で芯を持った青年で、お互いの違いを認識しながら、でもそこが好きで、相手の持つ自分との違いを大切にしてあげているのがいいですね。
それによって寂しさを感じることがあっても相手を尊重し、そして自分のことは自分で決める。
全然違う二人でも、もし長く離れても、この二人は大丈夫と思える。
いい愛情だなと感じます。

静かなお話ですが、良い気持ちになりました。
えかった。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは~みむさん!

この作家さんのお話はなだ読んだ事がないかな?
読後感の良いお話って良いですよね。次回からチェックしてみようかな?
2009/10/12(月) 22:53 | URL | 水月 #/fVvPWuA[ 編集]
>水月さん
こんにちは、水月さん。

一穂さんは水月さんも好みでは?と思いますよ~。
最近ギスギス疲れる話はイヤなので、ちょうど良かったざんす(笑)
もしナンでしたら言ってねv
2009/10/13(火) 14:30 | URL | mimu #-[ 編集]
mimuさん、こんにちは!
ちょくちょくブログを拝見させていただいていたので、コメントが初めてなのか一度コメントしているのか記憶が…(^_^;)
………。
初めまして(笑)

一穂ミチさん、いいですよね!
初作品で一気にファンになりました。
でも、まだこの本も今月発売した本も読んでないんですー(;_;)早く読まなくては!
2009/10/18(日) 15:51 | URL | ちろぽん #2Hva9K0A[ 編集]
>ちろぽんさん
こんにちは、ちろぽんさん。

ご覧戴いてありがとうございます!
おそらく初めて・・・?かと思います。
初めまして(笑)。
コメントありがとうございますv

私も一穂さんは初めての作品で惹かれました。
繊細さがいいですよね~。
新作も手に入れているので私も早めに読みたいです。
最近なかなか時間が取れず更新が間遠になってますが、今後ともどうぞよろしくお願いします!
2009/10/19(月) 08:38 | URL | mimu #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。