FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4199005455恋ひめやも
英田サキ/小山田あみ
徳間書店
キャラ文庫 2009-11-27

by G-Tools

「想うだけでいいから、先生を好きなことを許して欲しい」
結婚目前で参加した高校の同窓会で、担任教師の水原と再会した棚橋。昔の地味な印象とは裏腹に、艶めく笑顔の水原に、急速に惹かれていく。
恋人より今は先生と一緒にいたい…。
けれど、ある日突然「もう家に来るな」と拒絶され!?
今ならまだ引き返せる、なのに想いを断ち切れない――執着も嫉妬も肉欲も、初めて知った真実の恋。
棚橋孝太郎(たなはしこうたろう・25歳)×水原慧(みずはらけい・32歳)
元生徒(サラリーマン)×教師(元担任)

「いつか終わる恋のために」(雑誌掲載)
「恋ひめやも」(書き下ろし)
 
偶然、三冊続けて、読んだ本が結構差のある年下攻めだった。
攻めは、結婚も考える恋人もいるのに、同窓会で再会した元担任に恋してしまう。
高校の時は地味な印象の担任だったのに、再会してみると新たな面や気づかなかった魅力を発見したり。
榎田さんの最近のお話に似ている感じもしますが、こちらはファンタジーと言うわけではなく、英田さんには珍しくヤクザも警察も出てこない「地味」なお話。
英田さんはあとがきで「地味萌え」と書いておられますが、そうそう、それそれ。
まさに私の萌えもそこにあるので(笑)、諸手を上げて、さあ来いという感じ。

それにしても、結婚するまでそばにいさせてくれ諦めるまで好きでいさせてくれというのは本当にサイテーの言い草ですね(笑)。
相手が女性だったらこんなこと言うだろうか。
相手が男だから言っちゃうというのがホントに最低だと思うですよ。
本人も認めているけれど。この本人も認めているというのがクセモノで、なんだか真摯に悩んでいるように見えてしまって嫌いになれない(笑)
先生の後ろ向きさもハンパないです。
面倒くさい男だなー(笑)
たぶんこの先も水原はうしろ向きな性格が度々顔を出しそうですが、棚橋は水原の性格を理解しているし、もっと年取って大人になっていくと、余裕と包容力が増して安定感ある恋人になりそうです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/1137-42d62dac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。