FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4829624663お花屋さんに救急箱
椹野道流/黒沢 要
フランス書院
プラチナ文庫 2010-02-10

by G-Tools

生花店店主の九条と「お試し中」の恋人関係となった医師の甫。
自他共に厳しく生きてきた甫は、九条に癒され愛され尽くされて、甘やかされる心地良さを教えられた。少しずつ心を近づけていくふたりだったが、九条のかつての片想いの相手が現われたことで、すれ違いが生じ始める。
生真面目な甫は思い悩んだあげくに……。




※本日から再開いたしました。
どうぞよろしくお願いいたします。
九条夕焼(くじょうゆうや・23歳)×大野木甫(おおのぎはじめ・31歳)
花屋×リハビリ科医師

『お医者さんにガーベラ』の続編で、「お花屋さんに救急箱」はその後の甫と九条、「意地っ張りのベイカー」は、甫の部下の深谷知彦と甫の弟・遙の恋のなれそめ話、「円卓の医師」は兄弟カップル揃い踏みと、三編収録されています。

「お試しの恋人」となった甫と九条ですが、不器用で意地っ張りな甫が素直に口に出せなかっただけで、前作ですでに甫は九条に落ちていたと思っております。
だから、九条の元片想いの相手が現れるというのは、素直になるきっかけに過ぎないだろうと。

甫の言動が全てにおいて生真面目すぎて笑いを誘いますね。
本人真面目なので笑っちゃ悪いけど、銭湯での言動を見たら笑っちゃいそうだなぁ。
普通は恋人(この場合はお試し中だけど)の元カレ(片想いだけど)が現れて復縁を迫ったら、取られてしまうんじゃないかとハラハラ心配しそうだけど、甫はまず九条のことや将来を考えてしまうのも性格が現れてると思います。兄気質。

九条は相変わらずそつのない落ち着きを感じさせますが、自分のことになるとちょっとキれてしまったり、甫の弟とのバトルではイケズな部分も覗かせて面白いです。
甫の弟の遙(はる)は、内気で人見知りということでしたが、意外に小悪魔的な所があり、大切に甘やかされて育った故の奔放さを持っているんだなぁー。
裸の知彦にのっかってしまうのにはちょっとびっくりです(笑)

「意地っ張りのベイカー」では遙と知彦のなれそめが見られますが、知彦の真っ直ぐで人のいい性格が感じられて、私はこういうタイプは好感大なんですよねー。
しかし、遙、甫、九条の三人の中に入ると、性格の良さ故にひとり苦労させられそうで、彼の行く末が案じられます(笑)。

九条の元片想いの相手はちょっと性格に難ありで最初はその言い分に驚きましたが、基本的に悪いヤツでないのが椹野さんらしく、全体を通してほんわか楽しめます。
美味しいコッペパンが食べたい・・・・。



さて、ブログを再開しトントントン!と行きたいところでしたが、次に読んでたやつが我慢できないほどつまらなかったので投げ出してしまい(笑)、新たにただいま読んでおるところです・・・。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは、mimuさん。

おかえりなさいませv-238
お待ちしてましたvv

このお話、甫が難しいものの言い方をするものの、行動が可愛くて可笑しかったです。

登場人物のキャラが深く掘り下げられて、裏側も見えてきましたね。

策士・九条と小悪魔・遥の間に入って一人いたたまれない思いをする知彦はこれからの苦労が偲ばれますね。

コッペパン。
私も無性に食べたくなってスーパーのコッペパンを買ってしまいました。やはり焼きたてが食べたいです。
2010/03/08(月) 12:44 | URL | 桃 #-[ 編集]
>桃さん
こんにちは、桃さん!

甫の行動も口調も固すぎて可笑しいですよね(笑)
そしてそれがなんとも可愛らしい魅力となっています。
年下攻めのわりに九条は落ち着いて包容力あり過ぎて年下らしい部分がないので「年下攻め好き」としては幾分不満でもありましたが(笑)、九条の弱さとかイケズな部分が見えたんで満足しました。
弟とのバトルは面白そうですね。
甫は全然気づかないかもですが・・・やはり苦労は知彦が一人で背負いますよね(笑)
そしてコッペパン・・・美味しいのってなかなかないですよね・・・。


そしてその節はご連絡いただきありがとうございました。
ご心配かけてすみませんでした。
どうぞまたよろしくお願いいたします!
2010/03/08(月) 14:05 | URL | mimu #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/1144-c43462e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
お花屋さんに救急箱 (プラチナ文庫)著者:椹野 道流販売元:フランス書院発売日:2010-02-10おすすめ度:クチコミを見る椹野道流/著 黒沢要/画ツンデレ萌えの一つは、ツンとデレのギャップにあると思います。普段は堅苦しいまでにストイックなのに、二人きりになると信...
2010/03/08(月) 12:46:40 | 桃の楽園
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。