FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2021/031234567891011121314151617181920212223242526272829302021/05

不実な唇、甘い嘘
藤森 ちひろ著 / 御園 えりい〔画〕
雄飛
アイノベルズ(2006.11)


初対面で軽薄に口説いてきた男──それがフードコンサルタントである朋也の新規クライアント、都築だった。
見惚れるほどいい男だが、尊大で不躾な態度に、朋也はゲイであることを隠し、男は論外と冷たく振った。
だが、別れた男に復縁を迫られているところを偶然にも都築に目撃されてしまう。
「俺は口が堅いほうだ。もっとも、君しだいだが」
卑怯なやり方で朋也を追い詰める都築に、唇を奪われ……。
都築響一(つづききょういち・35歳)×篠崎朋也(しのざきともや・27歳)


上司との待ち合わせに立ち寄ったカフェで偶然言葉を交わした男。男は初対面なのに、自信たっぷりの傲慢な態度で「おれとつきあわないか」と誘ってきます。
朋也が男しか好きになれない性癖を持っていても、いくら男が見惚れるほどの容姿でも、警戒しないわけがありません。いい男だからこそ、他にいくらでも女が寄ってくるだろうに。
もちろん朋也はすげなく断ります。

しかしその後、上司を伴って訪れた新規クライアントの社長が、なんとその男・都築だったわけです。お約束です。
朋也が今回のコンサルタントであると知っていたかのような、先ほどの出会いを面白がいからかうような態度に憮然とする朋也ですが、クライアントとあってはあからさまに冷たくすることもできません。

そんなある日、朋也は別れた恋人に復縁を迫られ、無理矢理キスされて揉めているところを都築に見られてしまいます。
都築はその場は黙って立ち去りますが、ゲイであることを公にされてしまうのではないか、仕事を降ろされるのではないかと朋也は不安を感じます。
しかし、都築は何も言わず、態度も変えません。

仕事の延長で都築に食事にも誘われ、都築が朋也の秘密を穿り返すことなく、思いがけず話がはずみ、都築を見直し始める朋也。
しかし、安心したとたん、都築の口からその話が持ち出されます。自分に冷たくしたのは恋人がいるからだったのか、と朋也と元恋人がまだつきあっていると誤解をしている都築。
朋也がとっさに否定できずにいると、都築は、他人のものだとわかったら尚更欲しくなった、奪ってやるといい、キスをしかけてきます。
そして、上司に話すつもりかと問う朋也に、「きみしだいだ」と脅すように言われ、朋也は一度だけ、と都築に抱かれてしまうのですが・・・一度ですむわけないですね(笑)

ストーリーはありがちで、先が読める展開かもしれませんね。
卑怯なやり方で朋也を手にし、身体だけの関係を続けていくわけですが、別に無体なことや変なことをされるわけではなく、かなり甘いお話でした。

朋也の弱みを逆手にとって自由にしている都築ですが、初めてのあと、都築がシャワーを浴びている間に朋也が黙って帰ってしまったのを残念がり、次は週末に約束を取り付けて、翌日の土曜には現場を二人で下見、と仕事をちょっと入れ、まんまとお泊りをさせてしまいます。
そして、多分都築が最初の日にやりたかった「朝ごはんにフレンチトーストをつくってあげる」というのを嬉しそうにやっている(笑)。
翌日は現場に行く前に高級デパートへ朋也を連れていき、スーツやらカジュアルニットやパンツ、ネクタイまで買い与え、朋也が後日そのネクタイをしているのを目にすると、にこにこホントに嬉しそう。
朋也が柔らかい態度でいるときは、都築は始終ニコニコしてて、“惚れちゃって、可愛くって、一緒にいられて嬉しくってしょうがない”というのが見え見え。

都築の気持ちなんてとってもわかりやすいと思うんですけど、始まりが始まりだっただけに朋也の方は、誤解曲解するばかりで、なかなか素直になれないんですね。
やっと素直になって自分の気持ちを認めても、都築の本音はまだわからない鈍感ぶりだし(笑)、秘書の女性との関係を誤解して、ショックで別れを告げてしまう。
都築の本音がわかりやすいだけに、誤解がなかなかとけないのにはハラハラさせられます。

Hの様子が手順を追って詳細に書いてあって、普通のHなのに色っぽいですね。
35歳の男の嬉しがりぶりがなんだかとっても甘くて、可愛かったです。
BL初心者さんにもいいお話じゃないかなと思います。

あ、そうそう、朋也の元恋人のストーカーぶりがキモかったです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/191-05449241
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック