FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2020/101234567891011121314151617181920212223242526272829302020/12

この愛を喰らえ
李丘 那岐著 / 九號イラスト
幻冬舎コミックス
ルチル文庫(2007.5)


渡木坂鋭はヤクザの家に生まれたが、父である組長の死とともに組を解散。小料理屋の主となって二年経つ。
鋭の店には元組員や隣接する緋賀組若頭・緋賀颯洵がやってきて賑やかだ。颯洵とは子供の頃からの知り合いだったが、偶然再会して以来、常連となったのだ。
ある日、颯洵から押し倒され面食らう鋭。次第に颯洵の存在を意識し始めるが…!?
緋賀 颯洵(ひが そうじゅん)×渡木坂 鋭(ときさか えい)
27歳同士。若頭×小料理屋主人

ヤクザの家に生まれたものの、料理人の夢を捨てきれなかった鋭は、父の死をきっかけに組を解散し、現在は小料理屋の主となっています。しかし、店にやってくるのは未だに鋭を慕う元組員たちや馴染みのホステスだけで経営状態は低空飛行。彼らは鋭に懐きまくりなのですが、鋭の方は何故皆が自分にくっついているのかはあまり理解できていない天然さん。
現在鋭の店がある場所は緋賀組のシマとなっているのですが、緋賀組組長の息子で若頭の颯洵も、毎日店に現われては元渡木坂組組員で、鋭の親代わりを自負する津田(つだ)と険悪になったり鋭にちょっかいを出したりしていきます。

この颯洵が鋭に気がありそうなのは、津田と読者にはわかるんですが、鋭はそんなこととは全く考えておらず津田をヤキモキさせています。
元ヤクザの営む小料理屋に、元組員や現ヤクザがいっぱいで、いかにも組絡みのトラブルが起きそうですが、実際は鋭の異母弟・亮(りょう)が事件を起こします。
結局は亮もお兄ちゃん(鋭)が大好きで、皆が鋭の気を惹こうとするわけですが、鋭だけがよくわかってない(笑)

鋭は短髪に着物をピシリと決め、男気があって喧嘩も強く、なかなかのオトコマエ受けです。オトコマエでありながら天然、鈍感、照れ屋さん。こういうタイプ、好きです。
颯洵は、いつもサングラスをかけて襟元のボタンを大きく開けたホスト風の色男ですが、飄々として鋭よりウワテを行ってるように見えますが、結構屈折してるし、鋭への執着も相当なものです。気風に良さは鋭の方が上でしょうか。

どちらかというとアットホーム風なヤクザもので、文章もテンポよくユーモアあって読みやすかったです。ヤクザものというには、敵対する相手が素人だったりするので、血がドバッと出たりしてもあんまり物々しくないですね。結局は家庭騒動だったのか・・・ずいぶん丸く収まってしまいましたし。

で、鋭は好きなキャラなんですけど、私としては相手には津田の方がいいかなぁ~なんて…(^^ゞ まあ、津田の鋭への思いは「LOVE」とは違うんでしょうけどね。
津田37歳がどうにも気になってしまったのでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/27-669c4687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック