FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

恋がはじまる
恋がはじまる
posted with 簡単リンクくん at 2005.12.15
妃川 蛍著
ワンツーマガジン社 (2005.12)
通常24時間以内に発送します。
イラスト/実相田紫子(アルルノベルス)

依月は『はるなペットクリニック』で働き始めたばかりの獣医師。
ある日、傷ついた仔猫を抱き飛び込んできたヤクザ風の男・鷲崎に「それでも獣医のはしくれか!?」と叱責されてしまう。無口で強面な男に戸惑っていた依月だが、仔猫を見舞いにやってくる彼の優しさに気づきはじめる。
しかし偶然唇が触れあってしまって以来鷲崎を意識してしまい、鷲崎と過ごす時間に執着している自分に気がついて―。
-----------------------------

鷲崎天胤(わしざきたかつぐ・?歳)×榛名依月(はるないつき・24歳)
ペットフード会社社長×獣医


依月は亡くなった父が経営していた獣医院を継いだ兄・静己(しずき)と共に『はるなペットクリニック』で働いています。働き始めたばかりの頃、兄の不在に来院した患畜を助けられなかったことがトラウマとなって、依月はひとりきりの診療に不安を感じていました。
そんなある日、再び兄が不在の時に、飛び出した猫を轢いてしまったと慌てる男が病院に飛び込んできます。不安でうろたえる依月は、長身で立派な体躯に髪を撫でつけ険しい目つきをしたその男に「それでも獣医か」と怒鳴られ、丁度戻った兄が無事に処置を施してくれたものの、益々自信を失くしてしまいます。
それ以来毎日のように見舞いに訪れる男・鷲崎を初めは苦手にしていた依月でしたが、強面な外見に似合わない動物に対する優しさや、丁寧で穏やかな口調に少しずつ心を開いていきます。
そしてある日鷲崎の訪問中、よろめいた拍子に鷲崎の唇と自分の唇が偶然触れ合ってしまい、依月は鷲崎を意識している自分に気づきます。

鷲崎を好きだと自覚し、鷲崎からも求愛されデートの約束をする二人。
しかしヤクザだと勘違いしていた鷲崎の正体は大手のペットフード会社の社長で、鷲崎の会社が依月の病院の近隣に、ペットに関する全ての施設を置いた総合施設を作ろうと計画していることを兄から知らされます。設備の整った大型の動物病院も含まれるその施設が建設されれば『はるなペットクリニック』の経営は大きく圧迫されることは逃れられません。
驚いた依月は思わず鷲崎を責め、自分を好きだと言ったのも嘘だと詰め寄ります。そしてその言葉に憤った鷲崎に無理矢理に抱かれてしまいます。
傷つき、兄からは二度と鷲崎とは会わないように言われ哀しみに暮れる依月ですが、心はどうしても鷲崎を忘れられなくて…。とそんなお話です。

榛名家には、長男・静己(しずき)、次男・依月(いつき)、三男・皇貴(こうき)がいますが、どこかの三兄弟のようにこの兄弟も揃ってホ○くさい(笑)。長男は続編が決定ですので間違いないですし。三男は…どうなんだろう?
これは次男の依月のお話ですが、依月は大人しく控えめで優しい感じで、ちょっと女の子っぽい感じでしたね。イラストも可愛いので益々。鷲崎は普段の丁寧な喋り方がなかなかそそります。獣医として自信をすっかり失くしている依月が、鷲崎に恋をして鷲崎の励ましで自信を取り戻していく、というストーリー。鷲崎の会社が計画するペットの総合施設の問題やちょっとブラコン気味で小姑と化している静己などの障害もありますが、そうハラハラすることはなかったです。
鷲崎の想いはハッキリしてるし、兄の静己は弟思いですが頭の固いモノのわからないタイプではないし、鷲崎の会社の問題もそれほど大きくはなりませんので。鷲崎は完全に大人の男ですけど、依月が年のわりに幼く可愛らしいので、お話の雰囲気もなんだか可愛らしく思えました。

続編が決定している長男・静己ですがこちらはクールビューティーです。長男も受けですね。 
三男だけが上の兄たちと違って男っぽいタイプのようなので彼もそうだとしたら攻めかな?…というかむしろ長男よりも三男(攻で)が読みたいという希望なんですけど(^^ゞ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/456-c64d8d5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック