FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2020/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312021/02

快楽ゲーム
快楽ゲーム
posted with 簡単リンクくん at 2005.11.22
姫野 百合著
茜新社 (2005.11)
通常24時間以内に発送します。
イラスト/水名瀬雅良(オヴィスノベルス)

若くして国会議員になった城嶋晃聖は、有能で野心家だ。しかし、元総理の孫娘との縁談を控えたある日、その男が現われた。
男の名は工藤凱。城嶋の高校時代の同級生で、二人は肉体関係を持っていたことがあった。工藤はスキャンダルの証拠を材料に再び関係を強制してきた。
城嶋は仕方なく、再び工藤と関係を持つのだが…。
------------------------------

工藤凱(くどうがい・28歳)×城嶋晃聖(きじまこうせい・28歳)

大学卒業後は弁護士、政治家の秘書、そして自身が政治家へと華麗に転身を遂げた城嶋。元総理・磐田(いわた)に気に入られ、その孫娘との縁談を控え、いずれは磐田の持つ地盤も金も権力もし手中に収め、やがては自らが総理へと、虎視眈々と上を目指しています。
自分の容姿の美しさを武器に愛想を振りまき女性有権者を虜にし、雑誌に取り上げられたりTVレポーターに追いかけられたりと、政治家として若年ながら人気は鰻上り。その野心は強烈で、したたかで狡猾で貪欲です。もちろん磐田の孫娘・愛香(あいか)に対しても愛情の欠片さえ抱いていません。愛香を妻とし、磐田の持つ全てを譲り受けた上で、自分が更に上に行く為の道具でしかない。
城嶋が思い描く自分の未来図へと、ちゃくちゃくと進行中…のはずだったのですが、ある日突然、順調だった城嶋の前に、大きな壁が現れます。
高校3年のとき、面白半分に肉体関係を結んでいた工藤凱。
彼が現れ、ベッドの上でのことを撮影したDVDを見せて再び関係を強要します。断れば映像をバラ巻くと脅迫された城嶋は、嫌々ながらも受け入れざるを得ませんでした。そしてその日から城嶋のか悪夢が始まります。

こういう脅迫者として現われた「攻め」は昔から「受け」が好きだったに決まってます。そういう前提で読むんですが、工藤が城嶋を脅迫して好きなようにしている間、工藤の城嶋への本当の想い…なんていうものは欠片も見えません(^^ゞ 大抵、露悪的に見せていてもポロッと見せる切ない眼差しとか、ふとした瞬間の優しさとか、そういうのがあるはずなんだけどなぁ。で、こんなこと言ってても本当は好きなのよね、と読んでるこちらは安心するんですが、それがないんですよ。ない、というのは文章に表れていない、伝わってこないという意味なんですけど。
その代わり、窮地に追いつめられ逃げ場を失う城嶋の苦々しい思いは真に迫ってます。
昼夜を問わず、都合もお構いなしに掛かってくる呼び出しの電話を断れば、すぐにDVDのことを持ち出して脅迫してくる。嫌々現われた城嶋には、無茶の限りを尽くす。地元へ帰れば支援者の握手を求める手の中に紛れて、工藤が手を差し出している。婚約者の愛香と食事をしていれば少し離れた席には工藤が座っていてこちらを見つめ、福祉の視察にいけばボランティアの中に工藤がいてニッコリ笑い、自分のマンションに帰りついたとたん、電話がかかってくる。
工藤が何を考えてるのか表に表れていない分、そのストーカーぶりは寒々しいし、怒り、脅え、絶望する城嶋はリアル。
それでも「ホントは好きなんでしょ?」と思いながら読んではいたんですけど(笑)。
全然工藤のいいところが見えてこないので、どうやってくっつくのかしらと思っていたんです。自分の未来を潰そうとする工藤を、“いつの間にか好きになってました”じゃ納得いかないなぁと思ったんですが、その辺り私には結構納得できる展開となっていました。天より高いプライドを持つ城嶋らしいなぁと思えましたね。

お互いがお互いを好きだと認めても、城嶋の縁談もあるし、断ったら元総理に睨まれて城嶋の野望は途切れてしまうしで、やはり城嶋は思い描いた未来を諦めるしかないのかなぁと思いましたが、ラストは何とも都合のいいことになっておりました。
それでも磐田の仕返しは恐ろしいだろうし前途多難だろうけれど、とりあえず城嶋の首は繋がったのですね。
工藤は最後まで一体何をしている人かわからなくて怖い反面、何か城嶋の助けになるような職業なんだろうかとか考えていたんですが…。あはは、関係なかったです。
追いつめられていくサスペンス的な心理は堪能できたんですが、城嶋の方はともかく、できれば工藤のもうちょっとあったかいところも見たかったとも思うかな…。
「全部責任を取る」という工藤の言葉には彼の想いの全てが籠っていると思うけれど。職業を生かして全世界に宣言とか、平気でしちゃいそうですね。
追いつめられてみたいかたにお薦めかも(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/477-bfce3480
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック