FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2020/101234567891011121314151617181920212223242526272829302020/12

非常識な愛情
非常識な愛情
posted with 簡単リンクくん at 2005.11.17
いおか いつき著
幻冬舎コミックス (2005.9)
通常2-3日以内に発送します。
イラスト/佐々木久美子(リンクスロマンス)

雑誌記者の裕之は焦りを感じていた。入社二年目になるのに小さな事件のネタさえ掴んだことがないのだ。
そんなとき裕之は先輩の如月から、ある大病院の医療過誤の噂を聞く。早速人間ドックを利用して病院内を歩き回り真相を探ろうとする裕之だが、そう簡単に成果が出るはずもない。しかも検査に当たった外科医の陣内に突然縛り上げられ、裕之は目的を白状させられてしまう。
---------------------------------

陣内公隆(じんないきみたか・34歳)×田中裕之(たなかひろゆき・24歳)


医療過誤の真相を掴むため人間ドックの患者として病院に潜入する裕之ですが、どことなくおっとりしているというか計算の出来ないタイプなのか、情報を聞き出そうとする様子は大変な事件を追っている記者という感じがしないんですよね。結構大胆にウロウロして上手いとは言えない会話を繰り返し、当然何も聞けずに気を落す。
もうちょっと賢く振舞えないものかと思っていたらアッサリ陣内に掴まってしまいました(笑)
この陣内ですが、「手術が大好き」というちょっと猟奇的(?)な印象に加え、丁寧な喋り方ややってることがどことなくサディストっぽくて、実はラストになるまでキャラを掴み損なっていました。裕之の取材の邪魔をするなどして、どことなく怪しい感じもするし。謎っぽい書き方をされていて何を考えているのかわからないのもあって、非情で傲慢なエロ医者かと思ってました(^^ゞ
ところが後半陣内が語る告白を読むと、このひとはなんというか…普通ではないことは確かですが、ちょっと可愛いんですよね。人間的な感情が「若干」欠落しているようです、なんて自分でもわかっているのも可笑しいけれど、その淡々とというか飄々とというかすっとぼけたような告白には、ちょっと笑わされてしまいました。それがわかって前半を振り返ってみると、二人のやりとりも全然違ったものに見えてきます。
陣内は「非常識」というよりは「変人」という感じ?

医療過誤については、裕之は陣内によって入院させられてしまい、行動も制限されてしまうので断片的なものしか掴むことはできません。どちらかというと真実があちらからやってきて偶然で解決されてしまった感じです。
自分は記者にむいていないのではないか、という悩みとか、全体にスクープを物にしてやる、という意気込みがあったのに、あんまり活躍したような気がしないのが残念です。でも裕之はどちらかというとごく普通っぽく、そう熱量の高いタイプではないので、妥当だったのかな。

ちょっと腑に落ちないこともあったんですが、サラッと読めました。
先輩の如月がすごく気になります。彼のことがもっと知りたいわ(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/481-b26a2731
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック