FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

葉月物語
葉月物語
posted with 簡単リンクくん at 2005. 9.15
たけうち りうと著
大洋図書 (2002.7)
通常2~3日以内に発送します。
イラスト/石原理(SHYノベルス)

江戸の下町、さくら長屋で暮らすよろず屋・瑠璃は
生まれは高貴でありながら、あまりの美貌ゆえの将軍の寵愛が災いを招き城を追放された身だ。
二度と城内へ上がらぬこと、仕官せぬこと、役者陰間にならぬこと。本名を名乗らぬこと、妻を娶らぬこと。
それを条件に死罪を免れたのだ。
そんな瑠璃を女と間違い一目で恋に落ちたのは侍・女池龍之進。
純情一路、まっすぐな瞳で自分を見つめてくる龍之進に瑠璃の心は揺れる。
だがそんな時、瑠璃を狙う新たな陰謀が…!
---------------------------

女池龍之進(めいけたつのしん)×瑠璃(るり)
龍之進は数えで二十歳、瑠璃の年齢は書いてありませんでした。
江戸時代の長屋を舞台にしたお話です。

たまにはこんな変わった設定もいいかな~と手に取ってみました。
江戸の雰囲気が味わえて、龍之進、瑠璃も魅力的だし、ほのぼのしてなかなか面白く読みました。

龍之進と瑠璃の会話はもちろん、
それぞれの登場人物のやりとりがとても面白いんですが
「ラブ」という観点から見ると相手を想ってドキドキするとか、
切なくなるとか、そういう心理面でのお楽しみは皆無です。
でも龍之進と瑠璃が魅力的なので、江戸の雰囲気とストーリーで結構楽しめたかな。

龍之進は大型犬というイメージで、瑠璃は美人で気の強い猫…という感じです。
龍之進の方が年下っぽいですね。
田舎侍の龍之進は身体は大きいけれど、剣は駄目で侍としてもイマイチな龍之進ですが、気は優しくて力持ち…というんでしょうか、優しくて純情でまっすぐで裏表のないいい男です。
瑠璃が龍之進の一本気で可愛いところに惹かれてしまうのもよくわかります。

耳慣れない言葉や言い回しも出てきますので、読み進むのにちょっと戸惑いがあるかもしれません。
でも慣れたら気にならなくなりましたけど。

先にも書きましたがラブ面がちょっと物足りないんですよね。
BL風時代劇としては面白いと思うんですが、もうちょっと色っぽい展開が欲しかった。
Hシーンもラストにやっと一回、しかも匂わせるだけで終わっています。
…キスさえなかったような。

色気はないけどユーモアはある、江戸の下町人情溢れるお話でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/539-29933081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック