FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

脱がない男 上
木原音瀬著
ビブロス (2005.8)
通常24時間以内に発送します。
イラスト/志水ゆき(ビーボーイノベルス)

お洒落とは程遠い学生生活を送ってきた甲斐谷は、
大手化粧品会社に入社して三年目。ふわりと甘い香りをさせる美貌の男・藤原が上司だ。
仕事は出来るし、付き合いたがる女の子は数知れずの藤原だけど、甲斐谷には気障で嫌味な男としか思えない。
おまけに新発売の男性化粧品をめぐって藤原と対立。
そんな折、藤原がエッチの時にも決して服を脱がないという話を聞いた甲斐谷は…!?
----------------

甲斐谷案和(かいたにあんな・25歳)
      ×藤原康人(ふじわらやすひと・32歳)

「Don't Worry Mama」シリーズの第2弾…ということになりますね。
前作の東山(ひがしやま)も登場しますが、カップルは別人物になっておりお話は続いてません。

(上)と銘打ってあるとおり完結していないんですよね。
「気だるげでグルメな猫缶しか食わないような高級にゃんこ系」というくだりが藤原を端的ですが上手く表しているように思います。
とにかく藤原がとことん感じが悪くて(笑)、その点、木原さんはホントに容赦ないです(^^ゞ
まだ前編とはいえ、可愛いところがほとんどないんだものー。
藤原にコテンパンにやられてしまう甲斐谷は体育会系でどちらかというとがさつなタイプ。
全身を高価な服飾品で包んだ藤原とは違い、スーツは吊るしだったり袖に昼間食べたお好み焼きのソースがついていたり、足元は雨で湿っていたり、時には寝癖頭だったり…。
こういうガサツなキャラ、結構好きなんです。
母性本能が刺激されちゃうんでしょうか。
私は世話焼きタイプじゃないんですけど…(笑)

藤原の容赦ない手厳しさにヘコまされてしまう甲斐谷ですが、地下まで落ち込みながらも耐えに耐えます。
ところが新製品の企画にあたって余りに理不尽な藤原の態度にキレ、とんでもないことを仕掛けてしまいます。
前作の東山のときも、余りに嫌味で理不尽で我が儘な今蔵に耐えに耐えたあとキレたんでしたね(笑)
その辺は似てるというか踏襲してるんでしょうか。

それはともかくこの件とか、藤原とHするいきさつとか、
かなり常軌を逸した展開で首を傾げてしまうんですが、
笑える文体とか勢いとかそんなもんで読みきってしまった感じです。
冷静に考えると、こういうことをするのはどうなんだろうか、とか
犯罪では?とか神妙になってしまうので深く考えませんでした(笑)
藤原感じわるーいと思ってたけれど、甲斐谷も相当ひどいですよね。
人が秘密にしたいと思っている体のことを暴いて脅そうなんて。

藤原の秘密…ですが、彼と同じ人を昔知ってました。
私は男じゃないのでそれがそんなに沽券に関わることなのか全く想像できませんが、それを本人から聞いたときみっともないとも笑えるとも思わなかったです。
そうなってしまった時のことを痛々しくは思いましたけど…。。
カッコ悪いとも男が下がるとも思わないし、そもそも聞いて笑える話なんだろうか。
それもちょっと引っかかる。
この扱い方はあんまりいい感じはしなかったですね。
でもこれはどちらかといえば「コメディ」だと思いますので深く考えない(笑)
可笑しくて所々ではマジで吹き出してしまいました。
一応Hはしたものの、まだ全然くっついたとは言えないんですよー。
藤原がどう変わるのか(変わらないのか)先が気になります。
甲斐谷も一見ヘタレワンコみたいですが、なかなか普通じゃないし。
この人たちはいったいどうなるんでしょうか。
普通のラブラブカップルになれるのか?
Hしたとはいえ、藤原は前後不覚でしたしね~。
まだまだとんでもない展開があるのかな。

どんな結末になるのか気になります。
後編は10月の予定だそうです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/541-325c122c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック