FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2021/031234567891011121314151617181920212223242526272829302021/05

歯科医の憂鬱
歯科医の憂鬱
posted with 簡単リンクくん at 2005. 9. 7
榎田尤利著
徳間書店 (2005.8)
通常24時間以内に発送します。
イラスト/高久尚子(キャラ文庫)

マスクの下の怜悧な美貌にキツイ口調。
大の歯医者嫌いの新城穂高は担当医の三和が怖かった。
でも白衣を脱いだ三和は別人!笑顔を絶やさず、
何をされても怒らないなんて二重人格?
医院の内と外で激変する性格のどっちが本当の顔なのか。
次第に三和から目が離せなくなる穂高だが…。
---------------------------

新城穂高(しんじょうほだか・25歳)
           ×三和悠紀生(みわゆきお・29歳)
作中で一つずつ年を取ります。

「歯科医の憂鬱」雑誌掲載
「歯科医の秘密」書き下ろし
「THE SPECIAL GIFT」書き下ろし の三編収録。

榎田さんの既刊「ゆっくり走ろう」と同じ藤井沢商店街が舞台です。
内容は全く被っていませんが居酒屋『もえぎ』は出てきます。
「ゆっくり走ろう」の立浪がほんとの脇役でちょこっとだけ登場していました。


「歯科医の憂鬱」は視点は穂高です。
白衣を着ると性格が変わる歯科医・三和と、鈑金工の穂高というちょっと珍しい組み合わせ。
担当医・三和のあまりのおっかなさに歯医者を変えようかと思う穂高ですが、偶然街で会った三和は笑顔を絶やさずおっとりとしたまるで別人。
その落差に驚きますが、少しずつ三和のことが気になっていきます。
診察中はまるで氷のような眼差しで冷徹なのに、
白衣を脱いだとたん、車を当て逃げされてもコーヒーをかけられても車に泥水を跳ねられても自転車に突っ込まれても怒らず、昔の友人の借金の頼みにもお金を貸してやる三和のことを心配するうちにそれがだんだんと恋心に。
三和は家庭の問題や自分の性癖などで臆病になっているのですが、真っ直ぐな穂高にやはりだんだんと惹かれていきます。
面白みはやっぱり三和の豹変でしたね。
それとヤンキー上がりで職人気質の男っぽい穂高と、おっとり型丁寧語の三和のカップルもかなりいい感じです。
面白くてちょっと切ないところもあって、とても楽しく読めました。

「歯科医の秘密」は付き合いだした二人。
こちらの視点は三和です。
年下の恋人ができたことに喜びながらも、自分にあまり自信が持てず恥ずかしさもあって素直に言葉や態度で想いを表すことができない三和。
そんな態度を穂高に誤解され、擦れ違いが起きてしまいます。
そして誕生日に三和が三十万の時計を穂高に贈ったことで穂高のプライドを傷つけ穂高を怒らせてしまいます。
三和の昔の男が現われたりしてちょっと波乱もありますが、
陰湿な画策で三和を再び自分のものにしようとする昔の男に啖呵を切る三和はかなりカッコよかったです。
怒れない三和が穂高を傷つけようとする男のために、初めて怒りの炎を燃やします。
想いの深さを感じちゃいますね。
学歴も給料も三和に劣り、しかも年下であることを気にする穂高の気持ちは男ならでは…ですがわかりますねー。
本人にとっては重大なプライドの問題ですが、可愛いと思ってしまいました。
三和の穂高に対する強くて暖かい想いがすごく良かったです。
「もしこの先穂高と別れることになったとしても僕は愛を失うことにはならない。僕の穂高への気持ちはなくなったりしないからだ。」
三和のそれまでを考えるとこの言葉にはジーンとしちゃいました。

「THE SPECIAL GIFT」はほんの短いもので、視点は新城鈑金の穂高の弟子の「ヒヨ」(笑)。
ちょっとしたおまけのようなお話です。
最後の一文でクスッと笑えます。

Hシーンも結構濃くて萌えでしたね。
面白かったです~!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/547-2c7881c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック