FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2020/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312021/02

エゴイストの報酬
池戸/裕子??著
徳間書店 (2005.8)
通常24時間以内に発送します。
イラスト/新井サチ(キャラ文庫)

傾きかけた衣料専門問屋の跡を継いだ浅葱陽之のところに
元TVプロデューサーの園部景市が入社してくる。
園部のおかげで業績はみるみる上向き、陽之はその仕事ぶりに
自分も彼のようになりたいと憧れるが、園部の態度はそっけない。
ある日、新商品の売込みが上手くいかずに悩む陽之は、園部に
契約を自分が取る代わりにその代償として自分と寝ろと言われ
無理やり抱かれてしまう。
ショックを受ける陽之だが、ある人物から園部が
TVプロデューサーをやめることとなったきっかけを聞き、
園部が傷ついていることを知り、ほおっておけなくて…。
--------------------------------

園部景市(そのべけいいち・32歳)×
       浅葱陽之(あさぎはるゆき・23歳)

「エゴイストの報酬」雑誌掲載
「エゴイストの約束」書き下ろし の二編収録されています。


病気の父に代わって傾きかけた会社を継ぐことにしたものの
大学を出たばかりで経験のない何もできない自分に落ち込む陽之のところへ園部がやってきます。
プロデューサー時代に培った知識や情報、人脈を生かして
次々と業績をあげていく園部に陽之は憧れ、いろんなことを
教えてもらいたいとまとわりつきますが、園部からは
鬱陶しいものを見るような目で見られてしまいます。
園部がTV会社をやめたことで傷ついていることがわかると
どんなに冷たくされてもひどいことをされても、
陽之は園部のために…と健気につくします。
子犬受け…っていうんでしょうか、陽之はそんな感じでしたね。
園部に比べると確かに子供で頼りないんだけど、芯はなかなか強く真っ直ぐ。
社会の裏の汚さに疲れてしまった大人(園部)が、そういう純真さに癒されていくわけですね。

陽之側の健気な思いはよく伝わってきましたが、それに比べると園部側の方はイマイチ伝わってこなかった感じです。
いろいろ語られてはいたけれど、陽之のようには強く伝わって来なかった。
もちろん園部もちゃんと「愛してる」と言ってるし、読み手によって受け取りかたはいろいろだと思うんですが私としてはちょっと物足りなかったですね。

「エゴイストの約束」は「報酬」その後の二人。
番組制作のプロダクションに再就職して仕事に情熱的に頑張る園部と、やっぱりつくす陽之のお話。
「報酬」では園部の株が下がりがちだったので名誉挽回を…ということで書いたそうですが…。
エプロン姿のこと?(笑)
こちらの方も陽之の想いの方がメインなんですね。
園部の想いは行動で伝わってくるという感じでしょうか。
受けがさんざん悩んで一人でグルグル疑ったりして、
最後に、全部受けのひとりよがりだった、攻めは実は二人のために
こんなことを考えていました…と
受けを有頂天にさせる、そんな展開です。

私の好みからいうと残念ながらちょっと萌え不足だったんですが、
あらすじやオビの煽りから勝手に想像してしまった傲慢強引男に
嫌々どうのこうの…というお話ではなかったのでそのへんは私としては却って良かったですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/552-4fadf03e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック