FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2020/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312021/02

ハンサムは嫌い。
榎田 尤利著
ムービック (2002.5)
この本は現在お取り扱いできません。
イラスト:杜山まこ(ゲンキノベルス)

業界ではトップクラスの人気美容師・若葉は、恩人の頼みで
とある美容室にチーフとして勤めることになる。
店長の真壁はハンサムだが、女嫌いの女タラシでいい加減。
二人は初対面からソリが合わずことごとく衝突するが
やがてお互いの意外な一面を知り、少しずつ惹かれあう。
けれどゲイでハンサム嫌いの若葉と、女タラシでゲイが大嫌いな
真壁、二人の間は一筋縄ではいかなくて…。
--------------------------

真壁英生(まかべひでお・30歳)×由比若葉(ゆいわかば・27歳)


際立つ美しさを持ち、美容師としてもとても有名な若葉。彼はゲイで
好みのタイプは「しょぼくて情けない風情の頼りない男」でハンサムは
大嫌い。
対する真壁は、ハンサムで女嫌いで女癖が悪く、ゲイに対して非常な
嫌悪感を抱いています。
美容師という仕事にしても、若葉はとても真摯な気持ちでいるのに対し
真壁の見解は美容院の店長でありながら「たかが床屋」。

全く正反対の二人で、どうみても相性がいいようには見えず
実際口を開けば言い争いばかりしているんですが、だんだん二人の背景が見えてくると、実はとても似ている…?というような気がしてきました。
こちらがそう思うのと同時に二人もちょっとずつ相手のことが気になってきて、その辺の変化もとても自然に受け止められました。

真壁の印象は登場時こそあまりいいものではないですが実はけっこう
ヘタレ君だし、若葉の気の強さ口の悪さは、真壁の傲慢さに負けていないので、二人のやりとりはかなり面白かったです。
ノリもよくて結構楽しく読み進んじゃいました。

女嫌いで女タラシというのも、なるほど、と思わせられました。
真壁がゲイ嫌いになった理由というのも、ちょっと非現実的に思いましたが面白いエピソードでした。
若葉のハンサム嫌いの理由はちょっと弱いような気がしたかなぁ。
なんかもっと変わった理由があるのかと思った(笑)

脇の登場人物が多いですが、皆とても個性的な人たちで
盛り上げてくれます。
真壁の親友の妹と、真壁の姉が…というのは、こりゃまた随分強引な…と思いましたけれど(^^ゞ

明るいラブストーリーで、楽しく面白くスイスイ読めました。
最後に杜山さんの漫画のオマケがついていますが、
コレも可笑しかったです。

※現在絶版のようです。
アマゾンの中古や古本屋さんなどで見かけることがあります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/554-b81755d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック