FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2020/101234567891011121314151617181920212223242526272829302020/12

※本日2冊目です。


太陽の恋人
太陽の恋人
posted with 簡単リンクくん at 2005. 6.26
岩本 薫
ビブロス (2003.2)
通常2~3日以内に発送します。
イラスト:杜山まこ(ビーボーイノベルス)

精悍で野性的な6歳年下の幼馴染・悦郎(えつろう)は、
水城(みずき)にとって眩しい太陽のような存在だった。
しかしある日、悦郎は激しく真摯な眼差しで水城を求めてきて…!
熱い腕に抱かれ、死ぬほどの幸せを感じる水城。
けれど、男同士であり、大人の自分が彼を拒むべきだと水城は迷い…!?
-------------------

及川悦郎(おいかわえつろう・21歳)×鳴沢水城(なるさわみずき・27歳)

「風とライオン、きみとぼく」雑誌掲載
「トシウエの恋人」HP発表
「太陽の恋人」書き下ろし の三編収録されています。

「風とライオン~」は投稿作品だったそうです。
多少文章の手直しをしたそうですが、それにしてもいい出来の
作品ですね(なにをエラソーな。笑)

物語の始まりから二人は恋人同士としてつきあっていて、水城視点の回想から
それまでの過去の経緯が語られます。
水城が6歳のとき悦郎が生まれました。
小さい時は一緒に遊び、その後も忙しい悦郎の両親の代わりに遊んだり勉強を教えたり
食事を作ってやったりと面倒を見てずっとその成長を見守ってきた水城。
悦郎が高校生になり、父親の転勤に母が着いていってしまい
ひとり暮らしを始めることになった悦郎の元へも、毎晩のように通い世話をしてやって
いました。
そんなある日突然悦郎から求められ、拒むことができずにそれを受け入れてしまう
水城ですが、この上ない幸せを感じながらも、同時に強い後悔に苛まれます。
悦郎に惹かれていることは間違いないけれど、その成長にまるで親のように
心を砕いてきた水城は、悦郎を間違った世界に引き込むことに激しい抵抗を感じます。
この日から、事実上は恋人同士のように過ごしてきた二人ですが、
普通の結婚をして子供を持ち、幸せな家庭を築くことが悦郎にとって一番いいと
願う気持ちと、悦郎を愛していてその存在を失くすことに脅える想いとの間で
水城はずっと悩んできました。
そんな時、水城にお見合い話が持ち上がり断りきれなかった水城は
ホテルでお見合いをするのですが、悦郎にそれが知れてしまい…。


悦郎を突き放しながらも傷つく水城の想いがとても切なくて泣けます。
視点は水城ですが、悦郎の苦しみも痛いほど伝わってきました。
水城の母と父、母と水城、母と姉との確執などの家庭の問題が、
まったく関係ないようでいて実は水城の悦郎への想いに絡んでいるなど
とてもうまくまとまってるな~と思います。
思っていたよりシリアスだったので意外だったんですが、
大変楽しめました。

「トシウエの恋人」は雰囲気が代わり明るいお話。
悦郎視点になります。
年下の旦那の上にドッカリ座った水城が楽しめます。
悦郎のヘタレぶりは可愛いですが、これから大きく成長しそうな将来を感じさせますし、
しっかりと手綱をとって悦郎を操縦している水城の年上女房ぶりもとてもよかったです。
「風とライオン~」より少し年を取っていて水城は30間近、悦郎は23歳になっていますが
大人な水城とこれから社会に出ようとしている発展途上の悦郎の差が、
すごくいいなと思いました。

「太陽の恋人」はさらに年を重ね、水城はなんと37歳、悦郎は31歳になっています。
成功して予想通り最高の男になった悦郎を見つめる水城。
自分のあとを歩いてきた悦郎をずっと見守ってきたのに、とうとう追いつかれ追い越され、
やがて手の届かないところへ行ってしまうのではないかと不安を感じる水城。
もちろんそんな心配は杞憂であり、年下の男は相変わらず水城にベッタリです。

幼い頃からなかば自分が育てたといっていい男が立派になり、
さらに自分だけの物になる…年上冥利につきる一冊でございました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/602-9d008577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック