fc2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2023/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312024/01

457607119X北の漁場
愁堂れな著 / 山田ユギイラスト
二見書房
シャレード文庫2007-07

by G-Tools

マグロ漁初心者のエンは、初めてのアタリに苦戦していたところを伝説の漁師・秋山に助けられる。
その夜二人は飲み屋で再会するが、過去、ヤクザに男の味を教え込まれ、毎日のように抱かれていたエンは、酔ったせいで秋山をヤクザと勘違いし、恐怖から誘ってしまう。だが秋山はそんなエンを過去ごと受け入れ、激しくも優しい愛撫で何度も絶頂へ導いて…。
その後、住み込みで漁を教わることになったエンは、漁師としても尊敬でき、私生活では寡黙でぶっきらぼうながらも深い愛情を感じさせる秋山に惹かれていく。
しかし蜜月生活を送る二人のもとへ家出した秋山の妻子が訪れて…。
秋山祐二(あきやまゆうじ・38歳)×清水縁(しみずゆかり・21歳)
伝説の漁師×漁師初心者
「北の漁場」
「兄弟船」の二編。

今まで『漁師』がなかったわけではないですが、メインが『漁師』なのは私は初めて読みました。ドップリ漁師って誰か書いてくれないかなぁと思っていたんですが、愁堂さんが書くとは思ってませんでした(笑)
愁堂さん、ちょっと苦手な時もあるんですが、漁師だしイラストは山田さんだしで即購入決定しました。

萌えの中心はやはり“伝説の漁師・秋山・38歳”でした。マグロの一本釣りですもんね。山田さんのイラストはカッコ良すぎる気もしないでもないです。それはそれで夢が持ててよろしいですが。
いろいろなシガラミを捨てて北海道から・・・ここはどこなのかな?「北の漁場」ですから北の方ですが…やってきた男らしく寡黙なオヤジ漁師。でも顔はハンサム。荒々しいタイプではなくて、ぶっきらぼうで口下手だけど優しいタイプでした。
受けのエンは、家出して東京に出てチンピラ化していたところをヤクザに引っかかり、麻薬の売人をさせられたあげくにヤクザのオンナにされて自分もシャブ中となり、あげく刑務所暮らしまで経験している、若いけど悲惨な過去を経験しています。出所後故郷に逃げ帰るも、自分が放蕩している間に父は亡くなっており、たった一人で漁師だった父の跡を継ぎ、自分も漁師になろうとするのですが・・・初めてマグロにあたり、上げることが出来なくて窮地に追い込まれたところを、秋山に助けられて二人は知り合います。
どうしようもない不良息子でしたが、故郷で漁師になろうとしているエンにグレたりしているところはなく、一生懸命で泣き虫な、元気な青年という感じでした。

酔ったせいで、過去、ヤクザにシャブを打たれて脅されていた過去が蘇り、その時の恐怖を思い出して秋山をヤクザと勘違いし、機嫌を取るかのように誘ってしまい二人は関係を持ってしまいます。
しかし、エンの過去を聞いた秋山は、「家に来い」と言ってくれ、漁も教えてやる、と言い、二人は同居することになります。
エンが秋山に惹かれていくのはともかく、秋山が何故エンを受け入れようとしたのか、その辺はちょっとわかりにくかったかな。

その後、出て行った秋山の妻子が突然訪ねてきたり、「兄弟船」では北海道の大手水産会社である実家から、秋山の兄が秋山を連れ戻そうとしたりと波乱がありますが、秋山の真意はわかりやすいし、おおむね甘い感じでした。でも「兄弟船」というタイトルは偽りありですね。
せっかくここまで漁師設定したんだから、エンが漁師として成長していく仕事面も書いてくれるともっと良かったのにな~と思います。極寒の海で、男同士の筋肉のぶつかりあいみたいな?(笑) 
もうちょっとガテンさを期待していたんですが、愁堂さんではそれはムリでしたかね。

リクエスト次第では次もありそうな感じかな?
オヤジ漁師、出たらまた買っちゃいそうだけど、もうちょっとホンモノな感じを他作家さんにお願いしたいかも。
コメント
この記事へのコメント
恐々
こんにちは、mimuさん。
こちらに引っ越されてからは初めての書き込みになります。なんか新鮮ですね~vv
マグロもの、まさかゴージャスサスペンスの女王・愁堂さんが書かれるとは思いもしませんでした。愁堂さんのガテンなお話ってどんなんだろうと恐々本屋さんで立ち読み(またいつもの癖ですね~)。2日かけて本屋さんで読み終えました(えへへへ)。
山田ユギさんの描かれるエンが美人さんで、もっとガテンな肉体派男同士のガチンコを想像していた私はちょっと拍子抜けの部分もありました。
『兄弟船』はタイトルが無理やりですよねえ。そして秋山が御曹司だったというのもちょっと興をそがれた気がします。
まあ、商業的にBL+マグロというとこんなとこなのでしょうか。
私も次はホンモノなマグロのお話が出てくるのを待ってます(と言いながら、本当に出たらまた引くかも)。
2007/08/05(日) 17:32 | URL | 桃 #-[ 編集]
>桃さん、こんばんは。
ただいま実家から携帯でのレスです(笑)
書き込みありがとうございます~!
慣れるまでちょっと見づらいかもしれませんが、よろしくお願いしますm(__)m

愁堂さんがマグロとは思いませんでした。
でも中身を見ると、愁堂さんのマグロならこんなもんですかね(笑)
確かにあまりにホンモノでもなんですが(笑)、イラストが山田さんならイケそうですし、もうちょっと仕事に重点を置いてくれても良かったかなぁと。『兄弟船』にいたっては、看板に偽りありで…。
どうしても出所を金持ちにしたいあたり、逃げを感じますよね。
でもまた続きが出たりしたら買っちゃいそうな気がしますけど…(^o^;
2007/08/05(日) 19:22 | URL | mimu #IX85jQMY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/676-330c6d87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック