FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2020/101234567891011121314151617181920212223242526272829302020/12

絡みつく視線


なぜか心をかき乱し、苛立たせる美貌の教師・雅人。泰成は取り澄ました彼を疎ましく思いつつも目が離せない…。そんな時、劣等感を刺激される兄と雅人が一緒の所を目撃してしまい、訳もわからず激情にかられる。気持ちを自覚する前に、情動のまま雅人に絡みつくようなくちづけをし、欲望を発露するのだった。「あんたはたいした淫乱だ」傷つける言葉で罵りながらも執着し、身体を求め、暴く泰成。
‐‐‐‐‐‐‐‐

またまた古くてすみません。中古屋さんで買ったノベルスがまだしこたまあるのです(笑)

生徒×教師の年下攻めです。
でも年下攻めという感じは全くしませんでした。泰成が大変大人っぽいので。
冒頭がレイプなので(といっても中途半端ですが)、痛々しいのかと思ったのですが、全然そんなことはなかったです。

お互い気に入らない…と思いながら冷淡な態度を取り合っていた二人が、やがてゆっくりと自分の気持ちを自覚してそれを認めていく過程が、丁寧に書かれていましたので、理解しやすかったですね。
泰成と雅人の初Hも、きっかけは嫉妬にかられて泰成が暴走した挙句ではありますが、それ以前にお互いが、自分では認めていないけれど惹かれあっているということがわかるので、無理やり…というものでもありません。むしろ同意の上でしょう。

泰成の言葉攻めが凄い(笑)んですが、イジワルって感じもしないんですよね。泰成が雅人のことを心底心配してるのがわかるし、雅人が嫌がってない(むしろ喜んでる)からでしょうか。
出だしや泰成のキャラに惑わされそうになりましたが、結局これは甘々話だったんですね(笑)。
クセがないから、誰にでも読みやすいのではないのでしょうか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/737-32360f8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック