FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2020/101234567891011121314151617181920212223242526272829302020/12

烈日の残影
(ビーボーイスラッシュノベルス/イラスト海老原由里)

「強欲」と悪評高い津築弁護士。が、司法浪人中の樹は、彼に理想の弁護士を感じ、押しかけ秘書になる。「本当の先生はそんな人じゃない」噂どおり、津築は金になる仕事しか引き受けず、優雅で自堕落な日々を送っていた。しかしある時津築の深い悲しみを感じ、樹は彼を救いたいと願う。
過去に追われる津築に、強引に抱かれてしまうのも恋心ゆえなのに―。
------------------------------
あらすじの「強欲」「悪評高い」の評とイラストの意地悪な顔つきで、また傲慢鬼畜攻めかと思いました。なのに「弁護士」につられて購入(弁護士といえば…)
けれど、これもまた想像と違ってました。私にとってはいい意味で。
津築は、過去検事だった時代のある出来事から検事の辞職を余儀なくされ、今は個人で弁護士事務所を構えているのですが、そのときの出来事と、弁護士になってからの仕事でのジレンマに傷ついて、投げやりになって道を見失っている、可哀相な男でした。「秘書に雇ってもらえませんか?」と突然事務所にやってきた樹を、たいした興味もなさそうに簡単に雇ってしまうのも、おそらく「どうでもいい」という気持ちがあったんだと思います。仕事もたまにしかしませんし。
が、樹の素直で真っ直ぐで一生懸命な様子に、はじめは渋々ですが、少しずつ変わっていき、「絶対に受けない」といっていた刑事訴訟を引き受けた頃から、津築は意外にも「熱血漢」となっていきます。というか、それが津築の本当だったんでしょうね。イラストを見ると「しんじらんない~」という感じなのですが(失礼)、津築は、真っ直ぐな男なのでした。そのせいで、検事をやめることになったとも言えますしね。
というわけで、初Hこそ唐突で無理矢理な感じだったのですが、そのあとすぐに、樹に自分の気持ちを告白し、もとより津築に恋心を抱いていた樹もあっさりそれを受け入れ、付き合いだした二人は、もうなんつ~か、ただラブラブなのでした。強引傲慢強欲鬼畜悪徳弁護士攻めじゃありません。
予想外に甘い甘い、ラブラブなお話です。
表題作他、2編で3部作になっていますが、どれもこれもラブラブ。
とくに津築は樹を、イラストの顔から想像できない(失礼)甘やかし溺愛ぶり。
樹も司法試験に合格したので、司法修習が終わった後は、津築の事務所で二人一緒に、ラブラブピンクの空気を漂わせながらイチャイチャ仕事をするのでしょう。だいじょぶか、そんな事務所。
途中の記述でわかったのですが、津築は37歳で樹は28歳(登場時は27)で、歳の差おじさん攻めだったのですね。津築はイラストでみてもそんな歳に見えませんが。樹がその年齢のわりに、スレてないというか、一途過ぎというか、ちょっと子供っぽく思えました。
だから津築もあんなにベタベタ溺愛するのかな~。可愛くてしょうがないんでしょうね。
私は、甘々ラブラブ大好きなので、予想外に(失礼)愉しませていただきました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/756-e849a700
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック