FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2020/101234567891011121314151617181920212223242526272829302020/12

白衣の悪魔
イラスト/徳丸佳貴(アズノベルス)

外科部長を養父にもち、病院長礼状とも許婚の間柄―28歳にしてすでに前途洋々たる未来を約束されている小児科医の藤堂。だが、その心は、型破りな一匹狼の新任外科医、榊原にどうしようもなく惹かれてゆき…。
そして倒錯的快楽に満ちた夜をきっかけに、ついに藤堂は榊原の虜となってしまう。一方、関係が深まるにつれ、榊原は次第に謎めいた行動をとるようになるのだが…。
お医者さんもの…と聞いただけで、隠微なかんじ。
確かに「診察台H」とかもあるし、「浣腸」もあるんですよ・・・。

ですが別に調教とかSMが主体のキワモノではなくて、医療ミスを背景にした、病院物語。
ちょっと前に読んだので詳しいことは忘れてしまったんですが、面白く読んだと思います。
新任してきた榊原とお友達になりたくて、藤堂の方から近づいていくのですが、いくら藤堂がその立場上、周りから敬遠されていて友達がいなかったとはいえ、榊原は初対面からお世辞にも印象がいいとは言えない男なので、大人しそうな藤堂が、あんなに一生懸命榊原に接近しようとするのは、ちょっと唐突で不自然のように思えました。
榊原の魅力もなにもわからないうちから、変に固執してて…。
そこがちょっと腑に落ちなかったのですが、子供の頃(14年前だったかな?)の父親の死の謎とか藤堂と榊原の過去の接点とか、ありがちかもしれないけど、全体的に面白くサラッと読めました。
エロシーンはやっぱり病院ってことで、医療器具を駆使してみたくなるのもわかる。それが人の性。
そこは深く考えず(笑)、最後は幸せな二人ですし、悪人は退治されて、めでたしめでたし。
「白衣の悪魔」はやっぱり榊原のことなんだと思いますけど、Hでは確かに悪魔みたいだけど、普段はちっとも悪魔じゃないですよ、榊原。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/761-05db0c10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック