FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2020/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312021/02

甘い首輪
黒崎 あつし著 / 街子マドカイラスト
幻冬舎コミックス
ルチル文庫(2007.3)


小野瀬グループの跡継ぎ・明生の側にはいつも番犬がいる。番犬の名は高見信矢。明生のボディーガードをしている。
明生が友人の猛に薬を飲まされたのをきっかけに、身体を重ねるようになったふたりだが、信矢は仕事の一環として相手をしているようで……。
そんなある日、明生が誘拐されてしまう。
しかし何故か、誘拐犯は幼い頃に亡くした父親と同じ顔をしていて――!?
高見信矢(たかみしんや・19歳)×小野瀬明生(おのせあきお・17歳)
ボディーガード×大手製薬会社跡継ぎ、二人とも高校二年生。
「甘い首輪」
「見えない鍵」の二編。

明生の祖父は、世界的に有名な製薬会社を母胎としたグループの支配者で、その財力で政財界にも圧倒的な力を持っています。
明生の母は、明生を出産後に亡くなり、その後はお屋敷で使用人に囲まれて父と二人暮らし。そんなある日、父のボディガード・真中(まなか)の甥・信矢が、両親を亡くしたため、小野瀬家で一緒に暮らすことになります。

幼かった明生は、2つ年上の信矢にとても懐きますが、ある日、父と真中が突然の事故死を遂げてしまいます。一人きりになった明生のために祖父がやってきますが、祖父は息子を守れなかったボディガードの甥など養う義務はないと信矢を家から追い出そうとします。
明生が断固として反対すると、祖父は信矢と二人きりで話をしたあと、それまでどおり信矢も共に住めるようになるのですが、その約1年後、信矢は突然姿を消してしまいます。

そしてそれから3年後、身長が伸び、逞しく大人びた信矢は、再び明生の元に現れ、二人は再会します。
信矢は明生につくボディガードを指揮する立場になっており、偽の診断書で二年休学したと偽り、明生と同じ学校のクラスメートとして過ごすようになります。

そんなある日、遊び友達の家で無理に薬を飲まされたことがきっかけになり、明生と信矢は身体を重ねるようになります。ここは二人の初Hなのですが、描写なしに終わっている!(笑)。

幼い頃から信矢が大好きで、信矢がいなくなった際には祖父に詰め寄り、「いずれ帰ってくる」という祖父の言葉を信じて待ち続けた明生は、自分と一線を引くようになってしまった信矢に焦れ、寂しさを感じています。
幼い頃のように「あお」と呼んでくれと言っても、「明生さま」としか呼んでくれません。
信矢を追い出そうとした祖父に明生が抵抗したため、孫に甘い祖父のせい、つまりは自分のせいで、信矢を小野瀬家に縛り付けてしまったのだと、明生は罪悪感も抱いています。
自分が小野瀬を継ぐときがきたら、信矢を自由にしてやり人生を取り戻させてやりたいと思いつつ、信矢が傍にいることは嬉しくて、複雑な気持ちでいる明生。

主従関係で、「主」は恋心を抱いているのに「従」には通じない。しかし「番犬」と周りに言われるように、「従」は「主」にだけ忠実で、危機にはしっかりと駆けつけて、夜のお世話までしてしまう。
そんなよくある関係に、小野瀬グループの裏で起きている黒い秘密が絡んできます。甘いボディガードものかなと思っていましたら、裏事情はかなり大仰で結構キツいのですね。深く考えると深刻なことなんですけど、明生の思考は信矢中心に帰結してて、自分の家族の醜い事情を聞かされても、問題が世界の軍需産業に及んでも、一番気になるのは「信矢のためになる」ことだけで、あまり重い感じはしてきません。
そんな世界的な大製薬会社の秘密に関わるのが19歳の高校二年生とは。
現在のようになるために、体中に傷を負って訓練をしてきたという攻め。どこで何をしてきたんだ。

「番犬」「首輪」ときたら、飼われているのはボディガードだと普通に思うんですが、「見えない鍵」で実はそうではないことが明かされます。
この事実が、なんだかちょっと怖かった。
そういうオチでしたか…。黒いですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/81-256f893d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック