FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2021/031234567891011121314151617181920212223242526272829302021/05

4062865068恋人たちのクリスマス 恋愛処方箋
檜原まり子著 / 桜 遼イラスト
講談社
X文庫ホワイトハート2007-12-03

by G-Tools

私立J医大の美形外科医・柴田浩司はクリスマスイブに当直勤務に指名された。製薬会社の営業担当で柴田と同棲中に恋人・江森五月は、あまりに寂しくて病院を訪れる。
その夜、病院に爆弾を仕掛けたという脅迫電話が入った。スタッフたちが手分けして爆弾の場所を捜索。その時、柴田と江森の二人は・・・(「恋人たちのクリスマス」)。
ほか、短編「恋人たちのお正月」、初詣シーンの描き下ろしコミックも収録。
「恋愛処方箋シリーズ」第七弾です。
シリーズは長いものの、二人はまだつきあい始めて10ヶ月。
クリスマスやお正月という恋人にとって大事なイベントもこれが初めてです。
初めてのクリスマスイブにはもちろん二人っきりで・・・と計画を立てる江森ですが(主にH方面。笑)、柴田は当直に指名されてしまいます。
そんな時、小児科病棟で行われる、イブのプレゼントを配るサンタ役を頼まれる江森。トナカイ役の後輩の渡辺と共に、せめて同じ屋根の下で過ごしたい、とサンタの格好でプレゼントを配ります。
そんな時「爆弾を仕掛けた」と病院に不審な電話があり、柴田や江森、別シリーズカップルの小早川や木田たちは、病院内を捜索することに。
しかし、この緊急時に、資料室を柴田とともに捜索した江森は、つい・・・・この先は言いますまい(笑)。
デートの待ち合わせ場所で心室細動を起こした男性が目の前で倒れたり、ドタバタしながらも、相変わらず甘い二人でした。
シリーズお馴染みの当て馬くんたちも登場していますが、そんなに邪魔はしてませんでしたね。

「恋人たちのお正月」は、やはり初めて一緒にお正月を迎えるバカップルのお話。
江森は「年越しのカウントダウンに合わせて腰を使う“年越しH”」を狙っているのですが・・・・バカですね(笑)
しかし、大晦日、突然の仕事で疲れきってしまった柴田は、「行く年来る年」を見ながら眠ってしまいます。起こさないで眠らせてあげる分別が江森にあって良かったです(笑)
しかし翌日初詣帰りに「姫初め」を狙った江森はラブホテルに柴田を連れ込むのですが、佳境に入ったところで隣室のカップルの男性の具合が悪くなり助けを求められて・・・。
初詣シーンは桜遼さんのコミックで描かれています。

好きな人は好き、駄目な人は駄目であろうこのシリーズ。
特に状況が変わったり、家族との問題が絡んできたりするわけでは今のところなく、相変わらずの二人のこれもまた一コマという感じです。
たぶん、これが好きで読んでいる人は、「とりあえず次が出てくれた」というだけで万歳かも。一旦打ち切りになったという前歴がありますからね。
二人は今後どうなる?というよりも、今度は二人は何をしてるかな?という感覚で私も続編を待っております。
檜原さんのライフワークとも言える「恋愛処方箋」は、たぶんこんな感じで、出版社が引き受けてくれる限り、終わりなく続くような気がします。
同好の皆様、次を楽しみに待ちましょうね。

今回檜原さんはまた別シリーズのカップルを登場させています。
「オレ様な料理長」から、料理長×支配人カップル。
そちらは未読なのですが・・・・もうその手には乗らないぞ(笑)
コメント
この記事へのコメント
こんばんは~みむさん!

早速、読まれましたね!
私は・・・また今月の半ばまでお預けですが・・(笑)
でも、その前に読まないといけない本が山積になっておりまして。
でも、それすら読む時間がない~!!
でも、相変わらずな二人で良かったです。「オレ様な料理長」は私も読んでいませんね。(⌒▽⌒)アハハ!
そっか、そういう手もあるわけですよね(笑)私も・・その手にはのりません(笑)
2007/12/05(水) 02:39 | URL | 水月 #/fVvPWuA[ 編集]
>水月さん
こんにちは!

私ももっと前の本がまだたくさんあるんですけど、これは先に読まないと!(笑)
サーっと読める内容なので数時間で読んでしまったけど。
相変わらず江森の頭の中がHなことばっかりでした(笑)

今まで香港のマフィア(だっけ?)とかお医者さんとか、つい買わされて読んでしまいましたけど、今回は引っかかるもんか~!(笑)
というか、舞台がフレンチみたいなんであんまり興味が湧きません。
「オレ様な板長」だったらあぶなかったかも(^^ゞ
2007/12/05(水) 05:15 | URL | mimu #-[ 編集]
こんにちは、mimuさん。

お気に入りのシリーズなので、特に内容がなくても買ってしまいますね。
柴田がグルグルして江森が暴走してくれればそれで満足という感じです。
江森がどんどんオバカになっていくような気がするんですけど(笑)。

同人誌ではドシリアスなお話を書かれていたので、そういうお話も読んでみたいと思います。
「オレ様な料理長」は、私もその手には乗らない派ですね(v-431

Tb、よろしくお願いしますvv
2007/12/05(水) 09:59 | URL | 桃 #-[ 編集]
再度、桃です。
TB、出来ないんですね。
失礼しました・・・。
2007/12/05(水) 10:00 | URL | 桃 #-[ 編集]
>桃さん
こんにちは!

ありゃ?!
また勝手にTBができなくなってる(汗)
気づきませんでした(>_<)
どうもすみません!!!
直しておきましたが・・・本当にごめんなさい。

>特に内容がなくても

まったくその通りで(笑)、相変わらずいつもの・・・って感じなんですけど、ついてきてるファンはそれさえもひっくるめて受け入れてますよね。
今回「カウントダウンに合わせて腰を・・・」の江森、絶対バカだと思います。
恋人がこんなこと真面目に考えてたら私だったらイヤだなぁ(笑)

桃さんも「料理長」はパスですか(笑)
私は二度ほど引っかかってますけど、今回は萌えを感じないのでやめます~。
というか、書きたいならそれぞれ別に書いたらいいんじゃないでしょうかね?
木田と小早川は同じ病院だから仕方ないけど。

というわけで、重ね重ね、ご迷惑おかけして申し訳ありませんでした。陳謝。

2007/12/05(水) 14:28 | URL | mimu #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/820-3efccb19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
恋人たちのクリスマス 恋愛処方箋 (講談社X文庫 ひD- 10 ホワイトハート)檜原まり子著。X文庫ホワイトハート9月にJ庭で檜原先生にお会いした時、色々と聞きたいことがあったのに舞い上がって殆ど言えないで帰ってしまいました。心残り・・・。でも、先生から「エモシ....
2007/12/05(水) 15:32:07 | 桃の楽園