FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

4344810201ラブレター
可南さらさ著 / 金ひかるイラスト
幻冬舎コミックス
リンクスロマンス2007-11

by G-Tools

両親を亡くし、父の友人だった安井の家にひきとられた広海。ともに暮らすうち、ぶっきらぼうだが優しい長男の良平に惹かれ告白するが、ふられてしまう。
二年後、報われぬ恋心を抱えたまま、広海は一人暮らしをしている良平のもとを訪れ、三日間だけという約束で泊めてもらうことになる。
見返りが欲しくて恋をしたわけじゃないけれど、良平に冷たい態度を取られるたび、胸は痛んで――。
「ラブレター」
「小さなワガママ」
「遠い花火」
「饒舌な瞳」の4編収録。

「ラブレター」「小さなワガママ」は、安井良平(やすいりょうへい)×常国広海(つねくにひろみ)カップル、「遠い花火」「饒舌な瞳」は、良平の弟・安井康平(やすいこうへい)×矢野旭日(やのあさひ)の2カップルのお話になっています。
大学二年生、高校を出て就職、浪人・・・と年齢はみな20歳前後。

可南さんの切ないお話、楽しみにしてました。
可南さんのは、だいたい攻めが冷たくて受けがこれでもかと切ない想いをさせられるのがパターン。今回もパターン外してません。しかも兄弟揃って。

相手のことを思ってとか、気持ちを告げるにはちょっと難しい位置関係だとか、理由はちゃんとあるんですけど、二人とも気持ちを隠して冷たく当ったり、離れようとしたり突き放したり。
受の広海も旭日も、それぞれの相手をとっても好きですから気持ち的には両想いですけど、攻めの『逃げ腰』のため、大変辛い想いをさせられておりました。
ええ、理由はちゃんとあるんですとも。
ですが、受があまりに可哀相なのですよ。
特に「ラブレター」の広海は健気で、どんなに辛くてもニッコリ笑う様が・・・涙。
いろんな事情があったり、男同士だし、「好きだ」なんて簡単に言えないことはわかるんですけど、それでも「好きな子をそんなに哀しませていいのかい?」という怒りはどうにも拭えないのでした(笑)。
攻め贔屓のはずなのに、今回は広海に泣けちゃったんだもの。

「遠い花火」で弟がまた兄貴と同じようなことをしているので“おまえもか!”
兄弟揃って駄目だと思うぞ。
「朴念仁」と「ヘタレ」な兄弟は、これからどんなことをしても受にお詫びしなさい。

好きだけど、絶対叶わない・・・そんな切ない恋に泣きたいかたに大変よろしいかと思います。
コメント
この記事へのコメント
切ない恋に泣きたい・・水月です(笑)
何となく、このタイトル惹かれて予約してあります。あ、11月なので手元にあるんだ!!(笑)
切ない恋愛模様なのですね?それも兄弟揃って?
ああ・・・泣けるかな?(笑)
2007/12/13(木) 03:16 | URL | 水月 #/fVvPWuA[ 編集]
>水月さん
あ、泣きたい人がここにいた(笑)

こんにちは~!
兄弟揃って切ないというか、この兄弟が二人揃って相手に切ない想いをさせているのです(笑)
雑誌掲載を別々に読んだらそんなに感じなかったかもしれないけど、続けて読むと兄弟の駄目攻めぶりがよくわかります(笑)
泣けるとしたら表題作『ラブレター』の方かな?
二段組ですよ~。
2007/12/13(木) 06:09 | URL | mimu #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/826-76397de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック