FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

4861342457誘惑捜査線
水月真兎 / DUO BRAND.
フロンティアワークス
ダリア文庫2008-02-13

by G-Tools

エリート刑事だった佐竹恭一は、内部の不正を告発したことで上層部に睨まれ、第一線とは程遠い所轄・花園署に左遷される。
そこでコンビを組むことになった新人刑事・三沢は、財界大物の愛人だったなど暗い噂の多い恭一にも、屈託ない態度で接してきて・・・。
そんな三沢に、張り詰めていた恭一の心は次第に癒されていく。
そんな中、平和だったはずの街で突然発砲事件が起こり――。
三沢峻(みさわしゅん)×佐竹恭一(さたけきょういち)
新人刑事×警部


凄惨な過去を持つ年上美人を、一途で純粋なワンコが癒す、カップリングとしては王道のお話でした。

父の会社を乗っ取り、一家心中の原因を作った男に、一人生き残った恭一は愛人として飼われることになりました。その時、恭一は中学生。
男の死亡を機にその生活からは逃れますが、そんな生活を送ってきたら、どんなに傷ついてもおかしくありませんね。
財界の大物の愛人だったという噂(事実ですが)は、刑事になってからもついて周り、侮蔑するもの、お追従を言うもの、遠巻きにするもの・・・恭一への風当たりは弱くありませんでした。

そんな中、警視庁内部の不正を告発したことで上層部から睨まれた恭一は、花園署「通称・お花畑署」に左遷になります。
そして異動の初日、花園署に向かう途中で発砲事件に遭遇した恭一は、花園署の新人刑事・三沢と出会います。

その三沢とコンビを組むことになるわけですが、恭一は入ることになっていた官舎の嫌がらせで部屋に入居できず、三沢の家に泊めてもらうことになります。
そして、初めてあったその夜に、恭一は御礼だと言って、三沢に●●●チオを・・・・。
1日も経っていないとは言え、10代のころから男に慣らされて抑えられない欲情を抱え込むことになってしまった体のこととか、初めて普通に接してくれた三沢に急速に惹かれていくこととか、一応書かれていますし、わからなくはないんですが、あまりにも早すぎやしませんか?

このかたたち、会ってすぐに気持ちが盛り上がってしまうんですよね。
恭一の気持ちについては丁寧に書かれていますが、時間的にはそれこそ2日くらいしか経ってないようなのに、どんどん想いが燃え盛っていく。
同情や、癒しを感じる気持ちは理解できるけれど、そこまでの熱情を持つにはあまりに早すぎて、どうも置いてきぼりをくったような気が否めません。
こっちの気持ちがついていかないのですね。

冒頭、意味ありげに現れて、何の意味もなく消えて行った財界大物の息子も、何しにきたんだかわかりませんね(笑)
なんだかいろいろすっ飛ばされているようで、どうも微妙でございました。
凄惨な過去を持ってる受ではありますが、年下ワンコがしっかりとした包容力を発揮していて、暗さより甘さが際立つお話でした。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは~みむさん!

これ、手元にあるはず・・です(笑)
でも、相変わらずなかなか本が読めません(泣)
あ、やっと木原さんの『WEED』シリーズ3部作をさっき読み終え所です。書き下ろしの「受け」バトンリレーがなかなかいい感じの描き方でしたね~。

で、このお話ってそんな早い~のですか?(笑)付いていけるのか?私・・・(笑)
2008/03/12(水) 02:59 | URL | 水月 #/fVvPWuA[ 編集]
>水月さん
こんにちは、水月さん。

感じ方は人それぞれだと思いますが、私は「早い」と感じちゃったんですよね。
恋の盛り上がりについていけませんでした。

木原さんの『WEED』。
そういえば最後の感想、ほおってあるような・・・(苦笑)
2008/03/12(水) 06:24 | URL | mimu #-[ 編集]
こんにちは、mimuさん。

いきなり、泊めてもらったお礼とパックリする恭一にはビックリでした。多分、男同士というのはこういう即物的な面もあるのかなと思います。

>冒頭、意味ありげに現れて、何の意味もなく消えて行った財界大物の息子

そうそう、読み始めはこの息子が攻めかと思ってしまいました。ただのいい人だったんですね・・・。それにしては恭一に思い入れが深そうです。もうちっと絡んで欲しかったですね。ホント、何のために出てきたんだか(笑)。

まあ、色々と突っ込みどころはあるけど、王道なお話かと思います。

TB、宜しくお願いしますvv
2008/03/12(水) 09:34 | URL | 桃 #-[ 編集]
>桃さん
こんにちは、桃さん。

BLだという前提で読んでいるので「いきなりパックリ」もありなのかもしれませんが・・・でも普通に考えたらやっぱり男同志がいきなりって「ない」と思うんですよね(笑)
まあ、それはともかく、その後もやたらと気持ちの展開が早かったので、ちょっと置いてきぼりな感じがしてしまいました(^^ゞ

あの息子は、何しにきたんだかわかりませんでしたよね(笑)
イラストが、どっちが受けだかわからないような感じだったので、この人が攻めとは思わなかったんですが、二人の間のお邪魔虫なのかな?と思ってたんですよ。

TBありがとうございましたv
2008/03/12(水) 19:26 | URL | mimu #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/881-b8f108cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
誘惑捜査線 (DARIA BUNKO)水月真兎/著 ダリア文庫私としては始めて読む作家さんです。刑事モノということで食いついてみました。最近、読んでいるお話に刑事モノが多いので、ちょっと混同してしまいそう・・・。刑事モノで年下攻めがワンコで美人受けがツンデレという....
2008/03/12(水) 09:35:48 | 桃の楽園