FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

486134249X見ているだけじゃ我慢できない
高月まつり / 天王寺ミオ
フロンティアワークス
ダリア文庫2008-02-13

by G-Tools

経理室の長谷崎冬夜は、一流スタイリストを目指す宮野宏隆に片想い中。そんなある日、母の策略により宏隆と一緒に住む事になってしまい、うろたえながらも宏隆に尽くす決意をする。
一方、宏隆は企画のためとはいえ、超ダサい冬夜との同居にうんざりしていたが、冬夜の健気な様子は大変微笑ましく、その上、素顔が信じられないほど綺麗で、一緒に暮らすうちにどんどん惹かれてしまい……。
宮野宏隆(みやのひろたか・24歳)×長谷崎冬夜(はせざきとうや・23歳)
見習いスタイリスト×経理事務員

両親の経営する『長谷崎テキスタイル』に勤める冬夜は、3人兄弟の末っ子。
黒ブチ眼鏡に顔を覆い隠すようなもっさりした髪型、服装も地味でダサい冬夜は、実はメガネを取ると超美形。しかし、わけあって人に見られたり目立ったりすることを極端に嫌っています。
そんな冬夜は、同じ会社でスタイリストのアシスタントとして働く宏隆に片想いをしています。初めて会ってひと目ぼれしてから1年間、唯一得意の料理の腕を生かし、毎朝彼の机にスイーツをこっそり置いている。
それだけで、想うだけでいいのです。

宏隆本人は冬夜の気持ちには全く気づいていませんが、ある日、冬夜の片想いを知っている冬夜の母親と先輩スタイリストの策略によって、宏隆は冬夜との1ヶ月の同居を命じられます。
重要なプロジェクトで、あるデザイナーが“冬夜をモデルとして使いたい、そうでなければ服を出さない”と言ってきたため、冬夜の片想いを利用して、宏隆に冬夜をその気にさせようというのです。

自分のデビューもそのプロジェクトにかかっているため、宏隆はそれを承知しますが、聞かされた自分への片想いと、冬夜のダサさにはうんざり。
しかし、実際暮らし始めると、人慣れない猫のような冬夜がなんだかとっても可愛く、そして偶然見てしまった素顔がとても綺麗で、宏隆は冬夜にどんどん惹かれていきます。

計略を忘れたわけではないけれど、それとは別に冬夜に近づかずにはいられない宏隆。
冬夜も、片恋の相手を拒めるわけがない。というわけで、なんだかんだされてしまいます(笑)
片想いの相手と恋人同士になれた、と舞い上がる冬夜ですが、しかし、ある日元々の計略が冬夜にバレてしまい、騙されていたと知った冬夜は激しく傷ついてしまいます。


お世話になっている桃さんの感想を拝見して、「なんか面白そうな受だなぁ」と言っていたら、桃さんが貸して下さいました。
高月さんの本はどちらかというと『電波攻め』ばっかり読んでたような気がしますが、これは受けが『ヘンな子』なのね(笑)
対人関係をうまく営めないのと、熱烈片想い中という理由が重なってか、冬夜の宏隆への態度がもう、極度の緊張でものすごくヘン(笑)。その「ヘン」さが、面白おかしく、そしてすごく可愛らしいんですね。妙な動きをするところは「おお振り」の三橋を思い出した(笑)。
奇妙な敬語もヘンで可愛いし、拳を握って上下に振る仕草(喜びの表現らしい)は見たらさぞかし挙動不審で可笑しいだろうし、キレると大暴れする様子も、パニックになった猫のよう。
自分への片想いのせいで緊張して妙な言動になっていると思えば、面白いけどいじらしいだろうなぁと、宏隆が惹かれる気持ちも理解できますね。

宏隆はHのときはかなり言葉攻めなSですけど、性格は常識的で良い人なので、おかしな冬夜を真っ直ぐ受け止めてくれるので安心でした。
コメディなんですけど、後半ちょっとジンとしちゃった。

相変わらずテンションが高い高月節で、このノりは人や気分を選ぶでしょう。
でも、おかげさまで私はとても楽しく読めました。
桃さん、どうもありがとうございましたvv
コメント
この記事へのコメント
こんにちは、mimuさん。

冬夜、ヘンで可愛かったでしょう(笑)。
mimuさんにも楽しんで頂けて、お薦めしたかいがありましたvv

>高月さんの本はどちらかというと『電波攻め』~

そうですよね。一人で話を進める電波攻めが殆どだったような気がします。それはそれで好きなんですけど、受けがヘンになるとこんなに可愛いなんて、目からウロコでした(笑)。

その分、攻めがSなのに普通の人に見えてしまいましたよ。

ヘンだけでなく、ちゃんとしんみりとさせるところも押さえてあって、なかなか面白いお話に仕上がっていたと思います。

TB、よろしくお願いしますvv
2008/04/30(水) 11:02 | URL | 桃 #-[ 編集]
>桃さん
こんにちは、桃さん。

こういう何も考えずに楽しめるお話はいいですね。
桃さんの感想どおり、受の“ヘンさ”が大変可愛くて面白かったです。
高月さんには珍しく、常識的で良心的な攻でしたね。
HはSでしたけど(笑)、性格がごく普通の好青年なので、安心して読むことができました。
こういうヘンな受け子が傲慢攻めとかにキリキリ舞いさせられたら可哀相ですからね。

テンションは独特ですけど、ちゃんとジンとさせる部分も押さえてあるので、軽いだけじゃないのもいいですよね。

どうもどうも、ありがとうございました~!
TBもありがたくいただきますv
2008/04/30(水) 15:28 | URL | mimu #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/903-09b3990c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
見ているだけじゃ我慢できない (DARIA BUNKO)高月まつり/著 フロンティアワークスダリヤ文庫や、やられました!なにっ!この可愛さは~~(///∇//)前半期、マイベストの強烈なキャラです。受けの冬夜が、最凶に可愛いい! ボサボサ髪で黒ブチ眼鏡のダサ男君が、眼鏡を...
2008/04/30(水) 11:03:55 | 桃の楽園