FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2020/101234567891011121314151617181920212223242526272829302020/12

4199004858理髪師の些か変わったお気に入り
榎田尤利 / 二宮悦巳
徳間書店
キャラ文庫 2008-06-25

by G-Tools

都心での修業を終え、しぶしぶ実家を継ぐため帰郷した美容師の晴輝。そこで再会したのは、ずっと疎遠だった幼馴染で親友の圭治。海洋学を学ぶため街を出た圭治は、家業を継いで何故か理髪師になっていた!!
「お前はこの街にいればいい」
幼い頃のまま世話を焼いてくる圭治だけど、晴輝はその真意が掴めずに!?
近すぎて、その視線の熱さに気づけずにいた…。藤井沢商店街シリーズ完結。
高取圭治(たかとりけいじ)×相生晴輝(あいおいはるき)
理髪師×美容師
幼馴染、同い年、。
「理髪師の、些か変わったお気に入り」
「理髪師の、懊悩やむないお気に入り」の二編。

藤井沢商店街シリーズの最終巻です。
個人的には最初の車屋さんと、板金×歯医者が好きで、その後「??」「?」と来て今回。
また“商店街”に戻ってきたよ…という感じでした。
いえ、もともと商店街の話ですけど、ネ。

寝返りもままならないころから一緒にいた幼馴染の圭治と晴輝。
明るい晴輝と、無口な圭治は高校時代までを一緒に過ごすが、圭治は地元を離れた大学に進学し、晴輝も二年間地元から美容学校に通ったあとは東京に行き美容師として過ごしていて、その間は没交渉だった。
しかし5年間という母との約束の期間を終え、不完全燃焼のまま晴輝が地元に戻ってくると、圭治もすでに親元に戻っていて家業の理髪師を継いでいた。
晴輝は、圭治や、同じく肉屋を継いだ岩中(いわなか)等と、再び交流を持つようになり、ある晩、酔っ払って圭治と「シャンプー対決」をしたりする。しかし、その後寝入った晴輝は圭治にキスされたような夢を見て動揺する。
しかも、姉と圭治が密会し、「妊娠した」と話しているのを聞いてしまい、晴輝は激しくショックを受けるが・・・。

はたから見たら丸わかりの圭治の晴輝への気持ちに、晴輝がやっと気づいて自分の気持も自覚するのが「理髪師の、些か変わったお気に入り」。
小さい頃から攻は受が好きだったというのはよくある話。
お互いオムツで転がってるころから一緒にいて、振り返るといつも後にいて、黙って助けてくれた…という関係ってなんかいい。
心を打ち明けられない無口な攻が、受の二つあるつむじを黙って愛でていた…というのが何か面白可愛らしい。つむじが二つあると「きかんぼう」とかって言うよね。

「理髪師の、懊悩やむないお気に入り」は視点が圭治に変わるんだけど、ちょっと驚いた。
寡黙な仏頂面攻かと思ったら、ヘタレのビビりまくり攻だったんですね。
表情筋が動かないので顔にはでないけど、圭治の繊細な心は事あるごとに引き裂かれ、現実に胃に穴まで開けて…。
なんだか情けなくてしょうがないけど、見た目とのギャップが凄く萌え(笑)。

これで最後なんですけど、最後の二人が藤井沢から外へ出ていくのはなんだか象徴的でした。
でも彼らの戻ってくる場所、ルーツはいつもそこにある「藤井沢」なんだよね。

シリーズ出演のカップルも登場しています。
板金×歯科医カップルがたくさん出ていて嬉しかった。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは、mimuさん。
同時期に読んでましたねvv

>つむじが二つあると「きかんぼう」とかって言うよね。

そうなんですか?
右回りと左回りで性格が・・・というのは聞いた様な気がしますが。

それにしても圭治のヘタレぶりにはびっくりしました。好き過ぎて臆病になってしまったんですね。傍からは平然としているようなのに、心臓にはヒビが入りまくり。
情けないやら可愛いやらです。

二人が藤井沢商店街を出て、4年後に帰ってくるシーンがよかったです。歴史を感じます。

このシリーズは下町情緒がよかったですねvv
終わってしまって、寂しいです。

TB、よろしくお願いします~。
2008/07/16(水) 11:54 | URL | 桃 #-[ 編集]
>桃さん
こんにちは、桃さん。

感想をUPする直前に桃さん宅にお邪魔したら同じだったのでTBさせていただきましたv

つむじ二つについては「きかんぼう」の他に「変わり者」とか「天才」とか、いろいろあるみたいですが、根拠は全然わかりませんね(笑)

私も圭治視点を読んであまりのビビりにオドロキました。
先日桃さんからお借りした本の攻とは正反対のタイプでしたね(笑)

ホントに終わってしまって寂しいです。
でも「藤井沢商店街」って、すぐそこにありそうな、そんな気がしますよね。

TBありがとうございました!
2008/07/16(水) 13:03 | URL | mimu #-[ 編集]
こんにちは~みむさん!

「つむじが2つ」の件・・・
実は娘には「右回り」「左回り」のつむじが並んであqるんですけど・・・。それって・・家の娘はかなり変わり者?って事かしら?(笑)
手元にはあるのですが・・・まだ暫く読めないかな?商店街シリーズもこれで最後ですね。途中「あれ?」っていうのもありましたけど。早く読めるといいけど・・・!
2008/07/17(木) 13:39 | URL | 水月 #/fVvPWuA[ 編集]
>水月さん
こんにちは、水月さん。

シリーズ途中では私も「なんか違う」と思いました(^^ゞ
でも最終巻のこちらは藤井沢商店街らしいお話でした。

「つむじが二つある」こと自体珍しいのかもしれませんが、それで本人が「変わってる」かどうかはわかりませんよねぇ(笑)
“つむじ”と言えば、うなじにつむじがある人とか、背中毛につむじがある人とか見たことありますけど…(笑)

お仕事相変わらず忙しいですか?
私も買ってばっかりで読むほうがあんまり進んでいないんですよー。
2008/07/18(金) 12:32 | URL | mimu #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://0hz.blog112.fc2.com/tb.php/937-54156b3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
理髪師の些か変わったお気に入り (キャラ文庫 (え1-5))榎田尤利/著 キャラ文庫藤井沢商店街シリーズ完結です。あ~、このシリーズもついに商店街いい男ホモ作戦、終了ですね。もうカップリングするにも、おじちゃんとおばちゃんしか残ってないか ^m^榎田尤利さんらし....
2008/07/16(水) 11:55:20 | 桃の楽園