FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2020/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312021/02

4813011810交渉人は疑わない
榎田尤利/奈良千春
大洋図書
SHYノベルズ 2008-10-30

by G-Tools

元検事で元弁護士、そのうえ美貌と才能まで持ち合わせた男、芽吹章は、弱き立場の人を救うため国際紛争と嫁姑問題以外はなんでもござれの交渉人として「芽吹ネゴオフィス」を経営している。
ところがひょんなことから高校時代の後輩で現在は立派な(!?)ヤクザとなった兵頭寿悦となぜか深い関係になっている。
嫌いではない。どちらかといえば、好き・・・かもしれない、だがしかし!!
焦れったいふたりの前に、ある日、兵頭の過去を知る男が現れて!?
兵頭寿悦(ひょうどうじゅえつ・31歳)×芽吹章(めぶきあきら・32歳)
若頭×交渉人

『交渉人シリーズ』第二弾ですねー。
前作と同様、芽吹の軽めの語り口でテンポ良く楽しく読めました。

今回は仕事を依頼してきたホストが過去兵頭とかかわりのあった人物。
芽吹も過去はいろいろとあったようなのですがそれには一切触れず、今回は兵頭の過去にスポットが。
兵頭が傷害致死事件を起こし刑務所に入ったという事実が明るみに出ます。ラストに真実が明かされますけども。
前回「挿入なし」で終わってしまいましたが(笑)、成就の話でもあります。

前の細かいニュアンスをちゃんと覚えていないんですが、兵頭ってこんなでしたっけね?芽吹にベタ惚れ丸出しですね(笑)
「好き好き光線」が出まくってるように思えました。
それと、兵頭の時々乱暴な丁寧語と「先輩」という呼びかけ。
兵頭の話し方が私はかなり好きみたい。

芽吹の方も、結構兵頭へ気持ちが傾いているのがわかりましたね。
しかし司法生時代の友人・七五三野(しめの)の登場とか、なぜか男にモテモテの芽吹ですので、今後もまだ二人の恋愛には一波乱も二波乱もありそうです。
というわけでまだ続くらしいですよ。
これは読みやすいから楽しみだ。

それにしても他作家様の似た設定の話、とある三作(それぞれ別の話)と登場人物が頭の中でごっちゃになってしまって、久しぶりの読み始めはちと苦労しました。
自分の前作の感想を読み直して頭を整理しましたよ。
感想ってこういう時に役に立つなぁ(笑)。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは~!みむさん。
って・・・もう朝かな?(汗)

これ・・・予約してあります。
楽しみにしているんですけど・・おお、やっと2人も!!それは楽しみです(笑)
まだ続編がでるのですね?
あ、確かに、似たような設定は結構ありますよね?私もあれ?って迷う時ありますもん!
私も感想観ないとわからないかな?(汗)
2008/11/02(日) 05:37 | URL | 水月 #/fVvPWuA[ 編集]
>水月さん
こんにちは、水月さん。

このあとは、ちゃんと寝たんでしょうか(笑)

兵頭は今回やっと本懐を遂げています(笑)
でもそういうことだけじゃなくて、ちゃんと心も欲しいって思ってるところが純情愛を感じて良いですね。

攻がヤクザで受が「事務所」を持っていて、お手伝いのお年寄りがいたり、ちょっと身元に事情ありの青年が勤めていたり…と多少の違いはあれど非常に似た形態、これ以外に三作思いつくんです。
最初、事務所のキヨを別の人と勘違いしてしまいました(笑)
2008/11/02(日) 12:45 | URL | mimu #-[ 編集]
こんにちは、mimuさん。

榎田尤利さんのお話は、やっぱりハートフルでいいですね。
人を信じるというテーマが下地にありますが、説教臭くなくサラリと読ませるのが、榎田尤利さんのスゴイとこでしょうか。

兵頭の「好き好き光線」、強くなる一方のようですね。Hも最後までしたし、七五三というライバルも出てきたし、ますます光線の威力が強くなりそうな気がします(笑)。
2008/11/10(月) 14:24 | URL | 桃 #-[ 編集]
>桃さん
こんにちは、桃さん。

ヤクザや薬が絡んでるのに、なぜかギスギスした感じがないですよね。
榎田さんのお話にはどこか人情が漂っているからでしょうか。

今回兵頭が愛情ダダ漏れだったので笑いました。
周囲のライバルを蹴散らすために、相当鬱陶しく芽吹にまとわりつきそうですね(笑)
今後も楽しみですv
2008/11/11(火) 12:19 | URL | mimu #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する