FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

4199004971幸村殿、艶にて候4
秋月こお/九號
徳間書店
キャラ文庫 2008-10-23

by G-Tools

児小姓の六郎と小介が島津の巫女集団に攫われた!!九州上陸を無事果たし、大友宗麟と会見した幸村は、二人の救出を直ちに下知!! 手練れの忍者・猿飛び佐助は、霧隠れ才三と探索に向かう。
けれど幸村への恋心に負けて命令違反をし、信頼を失ったと焦りと不安に駆られる佐助は、初めての大失敗を犯してしまう。
そんな佐助の想いを否定できない幸村は、主としての未熟さに悩み苦しむが・・・!?
BL戦国絵巻の第四弾となりました。
前回幸村と別々に臼杵城を目指すことになった六郎と小介の子供ふたり組が途中で何者かに拉致されてしまいます。
臼杵城で宗麟と面会した後それを知った幸村は二人の探索を開始。
どうやら薩摩御寮という女だけの呪力を使う巫女集団に攫われたことがわかり、それを追い、また関白の九州征伐に備え薩摩御寮の本拠地へと乗り込むことになります。

その道中、恋しいお方と遠く離れて心も身体も寂しい幸村は、幸村に恋慕する佐助にその想いを知っていながらまたもや伽を言いつけてしまう。
現代だったら「浮気」と言われそうなことですけど、この時代の主と夜伽の小姓にはいろいろ複雑なこともあったんでしょうねぇ。
気持ちが実際まったく想像もできないけど。

しかし佐助の想いは自分の理性とは裏腹にだんだん分をはみだしているような。
それによって生まれる不安とか不満がこれから問題となっていくかもしれませんねー。
なんせ幸村の想い人、上杉景勝様が遠路はるばる幸村の元へやってきてとうとう一行に加わるようですから!

幸村は佐助の一途な想いにどう対処するんでしょうか。
三角関係の行方やいかに?
まさか3P・・・はないでしょうな(笑)
意外と佐助は才三に食われちゃったり(笑)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する