FC2ブログ
BL読書感想日記※※※ 詳しくはカテゴリーの「このブログについて」をご覧下さい。

2021/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312021/06

4344815009お嫁さんになりたい
黒崎あつし/高星麻子
幻冬舎コミックス
ルチル文庫 2008-11-17

by G-Tools

訳あって女の子として育てられ、ある日突然取引先への『賄賂』として家を追い出された未希。だが送り込まれた先は、未希の初恋の相手・門倉秀治の家だった。
秀治に会えて嬉しくなった未希は、つい「お嫁さんにしてくださいっ!」と言ってしまうが!?
優しい人たちに囲まれて、次第に男の子としての生活を取り戻す未希。
でも、秀治への想いはますます募って――!?
門倉秀治(かどくらしゅうじ・20代後半)×沢田美希(さわだみき・16歳)
不動産会社社長×無職

「お嫁さんになりたい」(書き下ろし)
「楽しいお留守番」(書き下ろし)の二編。

継母に虐げられ、女の子としてずっと育てられてきた男の子が、本当の自分と自由な心を取り戻して、恋と幸せを手にするお話。

このタイトルは自分じゃ買わないだろうなぁ…。表紙もまんま女の子だし。
でも意外に楽しかったような気もします。
ちょっといろいろ嘘臭いですけど(笑)。

世間知らずな未希が、門倉のそばにいるために既成事実を作ろうと夜這いをかけてしまうのは笑った。
哀れな境遇なのに、門倉の元に行ってからの話がメインでお手伝いに来てくれる夫婦と猫と門倉との生活がほのぼのあったかいので、暗さはなく可愛らしい話でした。
未希の複雑な事情も、事件もあっさり解決に向かうので、未希の可愛い片思いがメインですね。

女の子として育ったんですが、最初以外はそれほど女の子っぽくもないので、そういう意味の抵抗はない。
門倉の周囲もみんな優しいので、子供がいたぶられてる感じもありませんね。
どちらかというと未希の方が積極的で、秀治は、常識とか道徳観に囚われていて腰が引け気味。良識ある普通の反応だと思いますけど、そのわりに受け入れると決めると、未希にベタ惚れの色ボケぶりを披露します(笑)。

時々「これはコメディか?」と思ってしまう部分もあり、想像したよりは読みやすかった。
いや、まあ、萌えとか好きというジャンルではないですけども(^^ゞ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する